私の心を揺さぶる名台詞集

フルアヘッド・ココ 作者 米原秀幸 週刊少年チャンピオン・コミックス(秋田書店)

 私の哲学が形成されるのに十分な影響を及ぼした漫画たち。正直まんま受け入りです笑。

①フルアヘヘッド・ココの主人公、ココがキャプテンバーツの船、sweet madonnaのクルーになり成長する物語。このシーンはお宝を求めて立ち寄った島でバーツがココに語らうシーン。

星空を人と人との出会いと見立てて、人との出会いがなければこの世は「真っ暗闇だぜ」というシーンです。とにかく、主人公ではないんだけど、キャプテンバーツがかっこいい。これ、ちょっとした恋愛もあるんだけど好きな女性に振られっぱなしのバーツが一途に彼女を思い、守るシーンも見もの(彼女は別の海賊船、レッドスケルのキャプテンなので、普段は敵です笑笑)

スラムダンク 作者 井上雄彦 週刊少年ジャンプ(集英社)

 ②言わずと知れた王道マンガ、スラムダンクは高校生の時、部室に置いてて部員が回し読みするから、もうボロボロです。新刊出るたびに部室に並ぶから卒業する時持って帰るの大変でした。その中で一番好きなシーンですコレ。花道のバスケに対する想いの集大成がこの短いセリフにこもってますねぇ。他、山王戦本当の最後のシーン、花道が右斜め45度の位置で「左手は添えるだけ」といって流川からパスをもらうシーンとか選びきれないんだけども。セリフとしてはコレかな。

ツルモク独身寮 作者 窪之内英策 ビッグスピリッツコミックス(小学館)

 ③当時は映画にもなるほど流行った漫画。青春ラブコメ漫画です。今の若い子に読んで欲しいなぁ。この歳になってもピュアな気持ちになれるマンガです。なんか大人になっちゃうと恋愛がつまらないね。思い出すのはプラトニックな恋愛ばかりだよ。で、(笑)このシーンは私をリセットさせてくれるシーン。青臭いと言われても夢を死ぬまで忘れたくない。そして、自分で動き出さないといけないと、諫め、奮起させてくれる、主人公正太のセリフです。最終巻、寮の仲間たちがそれぞれ新しい人生をスタートし、遅まきながら正太もやっと動き出す決意をしたシーン。恋人にもなっていない、告白もしていない大好きな彼女みゆきを置いて海外に行かなくちゃいけないから、ウダウダしていたんだけどね。

ジョジョの奇妙な冒険 第5部 作者 荒木飛呂彦 週刊少年ジャンプ(集英社)

 ④たぶん一番私の人格形成に影響を及ぼしてるマンガ、ジョジョ。あのね、苦手な女子多いと知ってるけど本当に素晴らしいマンガなのよ。

宇都宮ブレックスのキャップ田臥選手が自身のスローガン、「過程を大事に」って色紙に書いてた時、正直鳥肌が立ったよ。

これは5部の主人公たちのチームの1人、アバッキオが死ぬ時のシーン。アバッキオは真面目な警官だったんだけど、たった一回、甘い欲望に勝てなかったせいで先輩警官が殉職。その先輩が、アバッキオが死んだ時の魂に語りかけるセリフ。この5部の敵は過程をすっ飛ばして結果だけが残るという能力のスタンドを持っている。作者が過程を蔑ろにして結果重視の風潮に警鐘を鳴らしているのがこのジョジョの5部のテーマだ。

「結果だけを求めた時、人は近道をしたがる。大切なのは向かおうとする意志。いつかは辿り着く。向かっているのだから。」

ジョジョの奇妙な物語SBR 第7部 作者 荒木飛呂彦 週刊少年ジャンプ(集英社)

 ⑤そして私、ホットパンツの由来は、ジョジョの7部 steel ball run に出てくる女性の登場人物の名だ。第7部はまさしく主人公ジョニーが文字通り歩き出す物語。ここに出てくるホットパンツはある悔恨の念からこのSBRというイベントに参加する。強くかっこよくかわいく、そして弱い女性。主人公ジョニーのある意味サポート役の彼女だが、彼女の苦しみが時に切なく魅力的なのだ。人は大いに悩み、迷い、その苦しみを経験しないと魅力的になれないんじゃないのかなぁ。

この7部はそもそもジョジョの中でも大好きなシリーズ。ジョニーが歩き出すために、ジャイロツェペリは重要な役割を果たし、とても人気のキャラだ。かっこいい。なんというか、読んでいる私にとっても「歩き出す」物語なのだ。うまく説明できないが、解釈を間違えるとただの少年漫画。しかし哲学がしっかりしている漫画。ジョジョは奥が深いんだよ。大好きなシリーズから名前を拝借したっかったっていうのもあるかね、ホットパンツの。

 挙げたらキリがないから、今回はこれだけにします。かなり好みが偏ってるかもしれないし、あまり女子には理解されづらいんだけど。気が向いたらこの作品たちを読んでみてください。

ジョジョ考察①「実は哲学書」

ジョジョの奇妙な冒険 作者 荒木飛呂彦 
(一部ネタバレを含みます)

※稚拙な文章で申し訳ありません

 かの有名少年誌、週刊少年ジャンプに長い間掲載され続けている(8部ジョジョリオンはウルトラジャンプ)、ジョジョの奇妙な冒険(作者 荒木飛呂彦)は私の大好きなマンガである。  実家にいた頃、というか子供の時、弟が買ってたし週刊少年ジャンプは定期購読していた。そのころはスラムダンク(作者 井上雄彦)、幽遊白書(作者 冨樫義博)が目的で読んでいたのだが。ある時、ページをめくっていると、自分の目がおかしくなったのか?と思われるシーンが。当時はジョジョでは第3部、主人公は一番有名な空条承太郎。このシーン、わかる人ならわかる、ヌケサクが自分で棺桶開けたのに棺桶の中に自分が入ってるシーン。この奇妙な感じの謎が知りたく読み続けてはまっていってしまった感じだ。(1部2部、3部の途中までを読んだのは大学生になってから)
 このマンガ、よく取り沙汰されるのは、擬音、ジョジョ立ち、絵が苦手な女子が多い、など。ある意味とても有名だ。そしてコアなファンも多い。だがしかし、ただの冒険譚でも、奇妙な漫画でもない。作者の荒木飛呂彦氏の価値観や哲学がとても反映されている。その部その部でテーマがあって、そのテーマに対抗するような形でラスボスが設定されている。この部分が一番わかりやすいのは第5部。
 第5部の終盤、主人公チームの1人アバッキオの同僚が夢の中で言うセリフ(名言で有名)「結果だけを求めていると人は近道をしたがるものだ、、、、、、」「大切なのは真実に向かおうとする意志だと思っている。向かおうとする意志さえあれば、、、いつかはたどり着くだろう?向かっているわけだからな。違うかい?」 学生であっても、社会人であっても求められてるのは今の時代、結果だ(成果主義)。それは私も会社員であるしわかっている。しかし一歩間違うと評価を誤りがちだ。結果だけで評価するとこの先同じ事象が発生した時、対応できると限らないからである。目的のためにしかるべき道のりを進んでいったからこそ実を結ぶことができた結果。しかるべき道を進んだ時そこには足跡が残る。この道標があるからこそ次に進む時迷わず向かうことができ、結果たくさんの実をつけることができるのではないか。過程を蔑ろにして結果が出たとしても、それは後には続かない。その時だけ結果が出ているように見えても実はいくつも先を見据えた時大きく後退して行くであろう未来が見える。 ボスのディアボロの有名なセリフ「『結果』だけだ!この世には『結果』だけが残る」途中の過程を吹っ飛ばし、結果だけが残る能力。しかし、真実に向かって進む主人公たちに追い詰められ、『結果』にたどり着けない、という主人公の覚醒した能力によりボスは倒れ去る。 この他第3部のボス、DIOの名言「過程や方法なぞどうでもいいのだ、、、」であったり、第6部のボス、神父プッチが言う「5年後の未来、なにが起こるのか?人類全員がそれを知っている。、、、すでに体験してここにきた。そしてそれこそ『幸福』である。独りではなく全員が未来を『覚悟』できるからだ『覚悟した者』は『幸福』である!」  この二つの例と合わせて、抗えない「結果」に対して人はどうすべきか?「結果」が変わらないのだから「結果」だけ知っていれば良い、またその「結果」は運命によって決まっているのだから尚更過程などは要らず、訪れるであろう結果を知ることがわかれば人は安心することができる。それを求める事が幸せに生きることに繋がる、、、ということなのだろうが、この抗えない運命によって決まっている「結果」、人は運命に逆らえない、、、この「運命」の部分
 第5部エピローグは「運命の奴隷」「誰が言ったか、、、我々は皆『運命』の奴隷で、変えることのできない運命に頭を垂れ隷属せざるを得ない、、、」主人公チームの何人かは死んでいく運命はもう決まっていることでも、その先に進むことでかえって一層苦しい死が待っていようとも、それでも彼らの取った行動には何か意味があるとし、彼らを「眠れる奴隷」と表現している。運命で決まっている結果が同じであっても、進む過程で未来に何かをもたらすかもしれない。
 今ある自分は全て「運命」で決まっていた結果。この先もたらされる「結果」も決まっているのかもしれないが、であれば尚更自分が後悔しないように前へ進もう。迎える結果が同じであっても進んできた道で他の成果が生まれるように努力しよう。
 私が歩んできた道は私1人ではたどり着けなかった道。失敗ばかりであったが、とても誇らしいのは私に関わってくれた彼らのおかげだと思っている。私にとってはこのマンガは偉大な哲学書なのだ。

(ジョジョ好きな方、勝手な考察謝っておきます)

次回、尊敬すべき団塊の世代「私の両親のこと」