ホーム

  • To love people Ⅱ 

    ② When I didn’t know

     I have 5 groups 1st year. (15R).
    The classroom is still very busy with the aim of Kanao, who I admired. 
    But he doesn’t talk much to girls. 
    He was only with boys and had never seen him talk to girls. 
    It’s quite popular among boys, and it seems to be a quiet person in class, but it seems to be quite interesting when there are no girls.

     He is a soccer club.
    I was at a loss for club activities. 
    Originally it was a brass band club, but in addition to being in the same grade as the junior, the junior part leader, the brass band club, was called out when he was thinking of giving up and looking for something.
     To the manager of the Japanese-style baseball club.
    The club room of the soft field (Japanese-style baseball club) is next to the soccer club. 
    As you may remember from the high school club rooms, there were various club rooms for club activities outside, like a Nagaya, beside the ground. 
    When I went there for the first time, I found only him while various members of various club activities were crowded together. 
    He wanted to see Kanao wearing a club jersey, but he met a guy he didn’t want to see. 
    He was also a soccer club.

     That guy is Takumi. 
    Playing with a soccer ball, he was so brilliant that I felt that the colors around him were different against the backdrop of the setting sun.
     The day I could feel him for a moment.

     A few days after I started watching only the soccer club, my classmates consulted me when I started to get along with everyone after the first event in the class, the excursion.

    Mika “He goes out to play with other girls. He’s a friend, but I don’t think he likes me. There are too many female friends.”
    Ai “I’m Mika’s boyfriend now. You should just say,’Don’t play with other kids.’”
    Rio (I) “Is Mika’s boyfriend so popular?”
    Ai “It’s 18R of Takumi-kun. When I was in junior high school, I was finally able to get along with Mika recently. But when I entered high school, Takumi-kun was the 10th girlfriend in Mika.”
    Mika “… I don’t think you like me. I feel like I’m going out with a child I’ve become friends with, so Takumi-kun. I may be shaken soon.”
    Rio “Don’t shake me from here, that guy”
     
     After all ,he is the worst.
    10 people in less than 2 months after enrolling???????




     After getting angry at Takumi, I started to look straight at Kanao. 
    Well, the class is the same, and I don’t talk to the girls stubbornly, so I don’t think I can get along well, but should I just look at them? 
    Of course, I’m not a romantic person. 
    I never really thought about wanting a boyfriend. 
    The children around me were shaken, taken, and what to do with pregnant students at the staff meeting. 
    .. 
    .. 
    The top preparatory schools in the prefecture are mainly academics, and it is natural that you can spend your daily life and behavior in accordance with ethical morals. 
    So there are no school rules. 
    There was a uniform, but there was no obligation to wear it.
    freedom.
    Love too. 
    Do you suddenly become such an adult when you become a high school student? 
    .. 
    ..
    “Do you know what kind of relationship you have with me?”

    The line when girls from the same junior high school were fighting at the landing of the stairs on the day they entered high school. 
    It is normal to aim at the University of Tokyo and Kyoto University. 
    At this high school, Tohoku University class is the first choice even in the lowest class, and at a high school with a deviation value of 70, she who spit out this line is a female doctor in Tokyo. 
    It may be a very unique environment when I think about it now.
    Is it love to keep up with your studies? 
    Circumstances of men and women? 
    Despite being swayed by (I’m grateful that even high school students have been able to handle love tactics for the past three years without losing), it’s still like a different world to me. 
    Like other children, it would be nice to have a boyfriend who can have a normal high school relationship.
     
    It’s been three months since I spent a fluffy high school life with myself left somewhere. 
    At the high school school festival, I was happy just to be able to make a class offering together, though it was silent, along with her longing Kanao. 
    After the school festival, it was a time when everyone was looking back at the photos and getting excited.

    “Hey, you. Rio. This is a help to put it together.”


     He called out for the first time. 
    He remembered my name above all else.
  • To love people 

    Mt. Iwaki seen from Hirosaki University

    ① meet

       It seems trivial, but on the day of the high school entrance ceremony

     Spring back.

     I don’t think the snow was flickering until yesterday …

     

    I failed the high school entrance exam and became a junior high school ronin.

    The year is different from everyone around me. One above. My classmates are in second grade and when I find me at the entrance ceremony, I see me in a brand new and unfamiliar uniform

    “Rio, the uniform looks great”

    Said with a senior wig.

    I wasn’t worried at all because my two male friends who spent the junior high school ronin together were also enrolled in the same high school …

    Looking around, the first graders didn’t look good in brand new uniforms as well, and looked very childish.

     I knew it from the beginning.

    When I was supposed to be a junior high school ronin, when I entered high school, I was one year older than the people around me. Originally, I understood that my mental age was older than that of the same grade, and even when I was in junior high school, my friends told me that I didn’t always know where my true intentions were. I was thinking of giving up when the people around me were younger. Even so, even if I act, I have to pretend to be stupid and adjust to this grade.

     Make an effort to change yourself, even if you hide your true intentions.

    Just before the ceremony started, there was a girl who spoke to me.

    “Is this 5 groups a year?”

    Then, looking at my face and talking to me, I stumbled on a pipe chair and fell.

    Actually, this is my second time to meet her. On the day of the announcement of the results, I happened to go to see it a little later.

    He was the one who was pleased to pass with someone he didn’t know at all.

    “Are you okay? Oh, there was a day when the results were announced.”

    I thought I wasn’t worried, but I laughed seriously at this time. Still, she must have been nervous. She laughed from the bottom of her heart. Why are you stumbling on a chair? ?? ?? And, depending on the situation, the person who shared the joy together at the time of the announcement of the result. It was in the same class.

    I have a feeling that something is likely to happen in my high school life.

     When the ceremony was over and we headed to a new classroom, we talked about our favorite cartoon characters. When I entered the classroom, there was a beautiful boy who thought it was a live-action version of the character. This guy is from the soccer club. Apparently the same Ronin group as me. He seemed to have a fan club when he was in junior high school, and girls of the upper grades gathered, which was so popular that it was difficult to enter the classroom.

     The entrance ceremony was more exciting than I expected.

    I promised to go home with two male friends who were ronin together, so I went to the entrance where I was meeting.

    The entrance is noisy one year after the entrance ceremony, and even if it isn’t, it’s annoying.There was something that was exciting and throbbing, like a deflated balloon, in a withered heart.

    He stands beside a noisy group. He has brown hair and he knows he stands out, but he’s waiting somewhere, giving off a unique aura.

    I hate that guy. I’m not good at face. Above all, he is the type who is confident in himself.

    I do not like it.

    The moment I had my eyes, but I remember keeping an eye on each other.I’m sure it’s a tremendous moment.

    But like slow motion, I still remember that moment.

  • 心から笑う

    イオンモール水戸内原 鎌倉パスタにて

    今日は、2月まで一緒に働いていた同僚と3人でランチ。1人は水戸に異動になったので、せっかくだから水戸内原のイオンにある、某お店に行きたかったし(栃木にはないんですね)、なので水戸で落ちあうことにした。適当でいい相手なので、結果15分遅刻していったけど気にしない笑笑。もうイオンに着いた時点で大笑い。

    今日は本当によく笑った。

    そういうことになるだろうとは予測していた。3人とも今は別々の場所で勤務していて、それぞれ悩みも尽きず、愚痴をこぼしたり、相談したり、近況を報告しあおうと集まったのだが、悩んでるのに絶対大笑いになるの、この3人になると。

     水戸に異動になったO型ちゃんは、なんていうかタフ。異動した先で、いじめみたいな目に遭っても

    「私仕事しにきてるんで、業務に差し障りなければ気にしませーん」

    っていってのけるタイプ。そして、人の顔見て、指差して笑うから(失礼)、B型の私はまあいっかってなるわけ。で笑って終わり。真剣に悩みを話すA型ちゃんは、本当に真面目に悩みを話し、相談したいはずなんだ。でもね、O型ちゃんが、チャチャを入れて笑うから、A型ちゃんが真面目に話しながらも結果つられて笑うのよ。もしかしたら真剣にとらえてもらえなくてフラストレーション溜まってるかもだけど。笑

    まあ、だけど、しっかり相談事には3人で答えあう。私も久しぶりに思い出したこともあったし。自分で思うだけじゃなく、口に出すって大事。相手の考えって自分じゃないし、他人って捉え方から違うんだよね。気付かされたこと、また、O型ちゃんと一緒に働いてた頃なら悩まなかっただろうなって事、たくさん思った。そして何より、きっとA型ちゃんが抱える問題の方が大きい。どうにもこうにも彼女だけで解決できないし、解決に向けて一番頼りにしなくてはいけない上司が、部下の背中に隠れるような人だからな。A型ちゃんは私もO型ちゃんも異動してしまって1人で戦えなくなってる。

    私も疲労困憊だし、これは本当にフィジカルな問題。毎日15000歩歩く。体力ない私には相当きつい。異動前の3倍の歩数。しかし、メンタルなことは私の場合は、ただただ私の問題だった。A型ちゃんみたいに職場全体に関わる問題とは違う。私がしっかり向き合えばいいこと。

    「私仕事しにきてるんで、業務に差し障りなければ気にしませーん」

    って言えればいいことだった。

    ありがとう、2人とも。今日は笑って、食べて、またしゃべって、コーヒー飲んでさ。疲れやすい私は、興味のない2人の買い物には付き合わず(かといって、私のbodyshopには付き合ってもらったw)、バスケ垢のTwitterとインスタばかり座って見てたけど(私、友達だろうが彼氏だろうが、マコさんだろうが笑笑、自分が興味ないコトなんかには付き合わない。そしてそういう私を理解できる人とでないと遊べない。疲れるし楽しくないから)、でも本当に楽しかった。

    私が買ったbodyshopのヘアマスクが無くなった頃にまた水戸で落ち合おうと約束して別れた、大笑いしながら(だって栃木にないもん)。

    A型ちゃんのことは気になるけど、明日、人間ドックまた一緒だからな。明日は宇都宮ね。一緒一緒。

  • Happy birthday

    6月4日は私の誕生日でした。元々イベントごとなんて興味がない方。自分の誕生日も他人の誕生日もあまり興味がなく、家族の誕生日も忘れる方です。

    私たちが子供の頃は簡単にケーキなんか食べられる感じじゃなかったし(私の家庭はね笑笑)。誕生日やクリスマスとかじゃないとケーキは口にできないから、子供の時は誕生日が待ちどうしかったかもね。最近の子供のようにゲームソフトも簡単には手に入れられないから、ドラクエ3は半年以上経ってからクラスの男子に借りてさ、だからちょっとの衝撃でゲームデータが消えたり(、、、恐怖でしかない)。ファミコンのカセットも家に帰って、友達の家に集まって遊んだものだ。それが今はswitchでできちゃったりするよね。アトランティスの謎っていうファミコンソフト、むかーし昔、ゲームセンターCXで有野課長がクリアしてたけど、小学生当時は何回やったってクリアできなくってさ、でも息子がクリアしちゃったよね、そもそもやり直しがきくし、攻略方法が調べられるという時代。複雑。

    なんとか条件をつけて誕生日プレゼントにゲームソフトを一本、友達が持ってないものを買ってもらうって感じかな?

    中学になると音楽がレコードからCDにかわっていって、ミニコンポが流行ったよね。でも中学の頃はわたしには贅沢品、それでも定期テスト頑張ってCDラジカセを手に入れました。

    今年の誕生日でもらったものはないし、相方さんにもらったって、家計が一緒だからありがたくない。つまらないね。付き合ってた時は嬉しかったんだけどね。生活が先に来ちゃってさ。誕生日プレゼントはいらないってなってしまった。自分自身にプレゼントは??買ったものはブレックス優勝記念のTシャツ(しかも安い方)だけです。

     でもなんだか寂しい。「6月生まれおめでとう」もいつになるかわからないし、そもそも最近はこっちからチャットで入れてあげないと彼は忘れている模様だし、なんだか催促するのも嫌だし寂しくなってきた。(とあるオンラインサロンのサービスの話)

     一番お祝いの言葉をくれたのはTwitterのフォロワーさんだよ。ありがとう。嬉しかった。

    そして何より宇都宮ブレックスが優勝したことが喜びかな、それでいいか。私の誕生日。

  • It’s cloudy today.

    曇りだね

    本日は曇り。

    先週の金曜日も曇りだったね。かつての同僚と、最近また一緒に働けるようになった同僚と3人でランチに行ったのね。私たち3人は20年前かつて同じ部署で働いてたのですが、それぞれ、違うところでそれぞれの役目も変わっていったのですね。

    さてさて、長いこと一緒に働いてなくても、会社が一緒なのでちょいちょい顔は合わせていたわけです。私は話したいことがたくさんあるのでほとんど聞いてもらう形になってしまいましたが、楽しかった。ていうか私話してばかりだったけど大丈夫だったかしら笑笑。誰といても私がしゃべりっぱなしになってしまうのでいつものことであるのは間違いないけど。

    話すうちに大体同じようなことで悩んでいることがわかるのです。この会社での勤続年数や現在の年齢、部署における役割、似たようだもの、悩みはほとんど同じ。そこに至る経緯や案件は違えど、本質は同じでした。

    きっとこの会社じゃなくても同じようなことがあって、日々闘いですね。会社から要求されることの難易度の高さときたら。そして、上司は部下に要求しなければならないのはわかるけど、要求されるこちらは、「はあ??」ということも多くて、飲み込むのと、毎日謝るのに慣れてしまって仕事のモチベなんか上がるわけない。いってる上司だって、こちらがやれるように要求するわけでもないので、実際のところは「できない」が事実であることが多いですね。矛盾とどう向き合うかがこの会社で生き残れるかです。

    とても優秀で、賢く、真面目に向き合おうとしてた方はみんな辞めていかれました。馬鹿馬鹿しくなっちゃうんだよね。大体、中途で入ってきた人ほど辞めていく傾向にあるな。この会社で良くも悪くも学べたことを生かすために留学したり、より勢いのある会社に転職したり。

    私も転職したいが、年齢のこととと、特に資格や取り柄があるわけでもなく、だから二の足を踏んでいます。ランチした同僚も同じですね。この年齢で職を失うのと同じだもの、それはしんどい。抱える悩みは同じなわけです。

    一歩踏み出さないと始まらないのになぁ。

    新たに学ぶのだって、頭がだんだん悪くなっていってるのがわかる。集中力と、自信も、気力もない。考えすぎて、考えすぎるといろいろ面倒になっちゃって。

    思い切ってちゃんと考えられるようにしっかり休むか。。。今のちょっとした取り組み終わらせたら今後のこと考えよう。このまま年月だけすぎていくのは無駄だものね。

    勇気をください。

  • 晴れた日に

    宇都宮ブレックスを好きになって、遠征をするようになった今シーズン。休みの日はどこかに出かけないと勿体無いような気になっている。

     長女が弘前の大学にいるので車で弘前まで600km走らせたり、おかげで半分の仙台まではたったの300kmと思えるようになった。車の運転には自信がないのであんまり運転したくなかったんだけどもね。変わるもんだ、好きなことができると。

    前回のブログで愚痴っぽく湿っぽくなってしまったが、昔のまま子供っぽく私のダメなところ変わってないなぁみたいなこと書いたけど、好きなことがあると全力で変われるやんね。今実感した笑笑

     てことは環境変えるのもいい手かもしれない。長男がこのあと、本格的に受験に向かうから、仕事のペースは変えないといけないとは元々思っていたが、収入が減ることがネックになっていた。

    自由な時間が欲しいが金がついてこないな。悩ましい。

     趣味ややりたいことも多いから、仕事で疲れてても元々早く寝れない。睡眠時間を削っているから余計疲労が残ったままで出勤せざるを得ない。一日30時間欲しいな。やりたいことがいっぱいあって羨ましいとは友達に言われるけど、おかげ様でショートスリーパーになってしまった。やれやれ。自分に似合わないいいレンズを買ってしまった分回収しないとなぁ。趣味にお金かかるけど、バスケだけでなく旅行に行っていっぱい写真撮りたいなぁ。そこでの紀行文なんか書ければ最高だな。昔々、高校の先生に紀行文にするなら最高だぞって修学旅行の感想文を誉められたことがある。(元々あまり誉められたことがないので結構うれしい。煽てられると調子に乗るタイプです)

    ほんとはねやりたいこともっともっといっぱいあるんだけど、勇気がなくて踏み出せてないだけ。真剣に考えてみよう、私の人生の目的に向かって。

    って考えてた、休日。大好きな宇都宮ブレックスを感じたくてアリーナ近く行って、カメラもって、写真撮って、タリーズ行ってブログ書いて、そして明日はかつて一緒に働いてた仲間とランチだし、大いに愚痴こぼして、仕事の相談しよう。

    迷えることもまたたのしきかな。私の人生はきっとまだ先に続く。

  • 優しい人②

    2022.6.5 宇都宮ブレックス優勝パレードより 比江島慎選手

    毎日を平常心で過ごすことって意外にしんどい。人間って神様じゃないんだよなぁ。いろんな人がいてだからこそコミュニケーションを取ることが必要だし、前にも書いたかもだけど、結構自分なりに努力してるつもりだった。。。

    まあでも、だからといってそうはいっても人間関係、上手くいかない時は上手くいかないし、みんながみんなとウマが合うわけがない。わかっていて、どう付き合っていくか。。。私なりに上手にやってるつもりだったし、元々万人に好かれようとしていないというか、理解できない人には理解してもらおうとも思ってなかったんだけど、職場と立場ではそういうわけにもいかなかった。

    自分らしく生きるって難しい。自分らしさを出して、みんなを導くのって難しい。

    マコさんの写真を見てると、今は涙が出てきます。何年経っても大人になれないなぁ、私は。心の底から優しい人になれたなら。体の底から優しさが滲み出るような、あなたみたいになれたなら。

    前の店舗での自分の信じてやってきた働き方を否定された時、その頃を知らない上司にただ否定された春の頃は知らないふりもできたんだけど、前の職場の上司がそれを今の上司に報告したという話を聞いた時、この1年間私が信じて働きかけてきたことってなんだったのだろうと思ってしまった。

    でもね、どういう状況だったのか想像がつくんだよね。前の上司はとても心が弱い人です。きっと今の私の上司に私のことを聞かれた時、言い訳に使ってしまったんだと思う。だって今の私の上司は会社内でもとてもグレードの高い人だから。昨年1年間一緒に働いてきたんだもの彼のことはよくわかってるつもりだ。でも、上司が部下を言い訳にするっていうのは、、、って思ってしまった時、自分自身に情けなくなりました。

    「そんなのわかってるじゃん。ずーっとそうやってきたじゃん。私は容量悪い人生だったじゃん。わかってくれる人がいてくれたらそれでいいって思ってたじゃん。変人で、私のような人って2割しかいないって前の前の上司から気にするなって言ってもらえたじゃん。今更でしょ。」

    わかってるつもりで、達観してるつもりでも、まだまだ、年のわりに子供で心の小さい1人のただの人間だよ。

    前の上司や今の上司を否定したい気持ちになってしまった時、自分を殺したくなってしまいました。情けなくて、助けてもらった今までの人たちに申し訳なくて。

    私の最近の一連の出来事で、なかなかこの会社にはいづらくなりそうです。でももしかしたら、これから起こる出来事も反省の意味と成長の意味も含めやっぱり新しい出会いがあるかもしれないし、来シーズンが始まると同時に変化があるかもしれません。

    人間が神になれることはないんだよね。煩悩を抱えながら死ぬまで自分と戦うしかない。

  • 面白かったあなたへ

    昇格時、いただいた本たち

    私がかつて大変お世話になった上司の方が退職するそうだ。先日連絡が来た。彼と仕事をしたのはたった1年であったがとても楽しかった思い出ばかり。彼は私より22歳も年下だがとても賢くユーモアがあって、わがままで(本当にわがままなの。人を振り回してばかり)自分の道をどんな困難でも優先して、でも配慮のある人だった。若者っぽく感覚についていけない部分もあったが芯が一本通っている人。随分振り回された気がするけど優しい人だったな。

    彼が異動してきて、すぐに昇格試験の話をされた。私は昇格試験なんて受ける気なかったんだが、半ば強引に受けさせられたというか。。。彼は自分の考えを通すタイプだし振り回してわがままなんだがなんというか憎めない。

    「次の試験受けてね。もう上司の許可とってあるからね」

    「ええ、私まだ社員試験合格したばかりで、まだなんにも成し遂げられてません。」

    「この半年でやるから大丈夫。、もう考えてあるから」

    「。。。。」

    もう後には引けずにやるしかなかったが、なんと彼のいう通りに物事は進んでいき、自分の管轄地域の代表として本部の研修に参加でき、試験に合格し(ペーパーテストと面接)半年で昇格した。

    彼はプライベートを大事にするタイプなので、試験の日は「自分も東京で遊ぶー」と言って付いてきたし、タピオカと明治神宮に連れて行ってくれたし、なんともおかしな感じ。私は昭和生まれ。仕事に対する考えは、今ならコンプライアンスに違反するような働き方と働き方に対する考えを、気をつけているもののきっとまだしていて、しかし、世の中は、そうはいってもそんな考えがまだまだ是とされている。いい面も悪い面もあると思うが、彼はあんな感じでも(一見チャラい)賢く、何が大事なのかちゃんとわかっている人。仕事はといえば実際はあまり自分では行わず、通達の読み込みも甘いし、漏れも多い。在庫のスキルも高くなく、代行者任せであったが、本当に大事な部分、長として決断しないといけない部分、ここだけは間違えてはいけない部分をしっかり押さえることができる人であった。だからこそ、半年後、一年後のビジョンが見えており、達成すべきの本筋はブレない仕事の仕方をしていたのだろう、その時はわかってなかったが。

     その時の職場は人間関係が複雑で業務がそっちのおかげで進まず、育成も進まない。彼が異動するとき「本当に大変だったの」と大笑いしていた。が本当に大変だったろう。今でも解決できてないしね。彼はじっと話を聞いてあげていたな、スタッフの。私は仲良くしてもらっていたが、彼は気づいていた。私が割と一般的でない部分を持っているのを。そして彼も自分のマイノリティな部分を、悩み、受け止め生きてきたから、私を心配してくれていた。

    「これ、丸で囲って。どのくらいの割合になる?ちょっとした心理テストなんだ。なるほど、そうか僕と一緒だね。やっぱりね。これって日本人の2割しかいないんだって。僕は前の職場にいた時、どうしても自分の考えを理解してもらえず、逃げるようにここに異動してきたけど、その時の上司がこれと同じような心理テストをしてくれた。その時に理解できたんだよ。『ああ、僕はやっぱり人と違うんだな。ならばわかってもらえなくても仕方ないな。でも2割の人と巡り会えた時、大きな仕事ができるかもしれない』って。僕はここで成果を残せたし、大変だったけど楽しかったのは性格は違っても基本の考えが理解できる人と一緒に働けたから。だから、この先、なにかあってもめげないで。巡り合うのは大変かもだけど、絶対2割の人に出会えるからね」

    彼と、今後のキャリアについて面談したときにもらった言葉だ。勇気が出る言葉。私よりも22歳も年下だけど笑。彼は1年で本部勤務になり、自分のスキルを伸ばすために、退社し、カナダへ留学する。日本と違い、むしろ個性がないとやっていけない海外へ。語学も堪能だからきっと上手くやれるし、もう日本には帰ってこないかもしれないが。

    私には、その時々で、影響力のある人々と出会える運命にある。母親がよく言っていたっけ

    「お前のことは心配してないよ。人を見る目があるからね」

    今、実感。そこだけには自信あるかもな。

    彼は8月には行ってしまう。遊びに行ってこようかな。大阪まで。

  • 背中合わせ

    ただのイメージ画像(宇都宮ブレックス 比江島慎選手)

    最近、知人の昇格試験があった。合格したので、私の友人と同じグレードになった。私の友人は昇給できなかったため、合格した方と同じグレードになったというわけだ。

    私の友人は仕事ができる人だ。私は彼らを育成する立場にあったので2人ともどんなふうに業務に携わっていたかよく知っている。今回評価されたのは片方だけであった。

    しかし、実は先に昇格していた私の友人の方(今回昇給できなかった方)のアシストがあったから、彼は目標を達成でき評価され昇格試験に臨めたわけだ。アシストしていた方はやはり部下を育成して行くのが役割の一つであったので、部下が昇格試験に臨めた時点でしっかり役割を果たしたのではないかと思うのであるが、彼は評価されず、部下と同じグレードになった。

    彼が昇給できなかったのは他にも要因があるからかもしれないし、また昇給に見合うほどの成果を残せていなかったと思われたのかもしれないが、私が最終決断を下す上司に掛け合ったところ、「彼は目立たない」という回答であった。「目立たないということは、他のスタッフに対しても関与が足りてないということ。目を引くぐらいの行動力で巻き込んでいかないと評価に値しない」だそうだ。

    実際、昇格試験に合格した方は、良くも悪くも目立つタイプであり、だが仕事の臨む態度には問題点も多い。ただ、やると決めたらどんな手を使ってでもやり抜く姿勢がある。目立ってなんぼの世界だったらうわべだけ頑張れば良い。実際は誰かにやらせておいて自分の評価にしてしまえばいいのだ。こういう働き方のスタッフがとても多いのが事実。

    (私は職業を理由があって明かせません。知ってる方も秘密でお願いします)

     言ってることは間違ってない気もするし、この会社のいいところは完全実力主義。年功序列も男女の区別もない(実際はある。評価する方による)。だがやはり悪い面もある。目立つ目立たないというよりは、いろいろな立場と働き方と、個性があって、だからこそ成り立っていけると思っている。前の「伝え方と聞き方」でも述べたが、さまざまな意見の中から建設的な意見が生まれるし、さまざまな意見とは個性から生まれるものでしょ?個性を重視せず、会社が望む価値観や働き方だけすればいいのなら、そういうロボットを作れば良い。なら人間関係でもつれることもないであろう?だが、個性を大事にすると会社方針で謳っているのだ。矛盾。

    なぜ個性重視を疑っているのかというと、私自身、上司に相談したことがあって、その時に一瞬思った疑念。そしてもう一つ上の上司にも相談したことがあるのだが、なんと出てきた答えも導き方も2人とも同じであった。2人で擦り合わせていたのか、部下から相談された時のマニュアルが用意されているのかはわからない。私は2度と上司には相談しないと決めた、その時に。

     愚痴っぽくなったが、言いたいことはそこではなかった。笑

    喜ぶものがいればそこには涙を流すものもいる。自分でやり遂げたと思うものでもかげで支えてくれてた人がいる。恋愛だって、両思いだって、人から奪ってないよって言ったって、片想いしていた人がいたかもしれない。逆から考えると、なんで自分はこんなに不幸なんだろうと考えた時、他の人より多くのことを経験できたと思えば良い。とある友人の1人が2回目の離婚になるかもって相談してきた時、「2回も結婚できたじゃない、いいなぁ」と私は言ってあげた。3回目の結婚できるかもでしょ?

    そういうふうに思えるまで大変なんだが。パワー必要だけどもね。

     この世の中、万物において表と裏、陰と陽。常に背中合わせでそこにあるもの。でも裏とか陰とか思いたくはない。どちらかが良くてどちらかが悪いと思うのは嫌だ。目立ってなんぼって考え方嫌だね。だから子供たちは陽キャになりたがって陰キャをバカにする。大人になって思うけど、実は素敵な大人になってるのって、いわゆる陰キャと言われてたヤツが多い。(わざと目立とうとしてうるさいやつが昔からとても嫌いだ。陰キャといわれるやつって、オタクが多い。要するに自分の好きな道を貫けるやつなんだと思うな)

    日本の教育方針か学校制度かわからないが没個性主義なんだよね。個性大事っていうけど。

     少なくとも私は「右へ倣え」の考えに従う方より、「普通って何?」って言える方が好きだ。そして常に感謝しよう。忘れないで心に留めておこう。今の自分があることに。自分で気づかぬうちに誰かに導かれてここにあるのだから。

     

  • 伝え方と聞き方②

    富岩運河にて 2022.4.17

    2022.4.17は富山市まで行ってきました。急に思い立って決めた富山遠征。全然行くこと考えてなかったんだけど、今シーズンも残りわずかとなると寂しくなってしまいましてね。行けるうちに行ってしまおうとなりました。

    現地でお仲間さんと再会。他まこドラさんたちにもご挨拶できまして、毎回毎回思うけど、遠征ってお金かかるんだけど、実に内容が濃い。アウェーまで応援に行けるブレ友さんたちも少ないせいもあるかもだけれども、よりつながりが強固になれる気がするし、応援団が少ないせいか、選手たちがしっかり手を振ってくれる気がする笑笑

    こういう言い方はなんだが、「お金がかかる分も回収できる」と思った今シーズンの遠征でした。

    さて本題ですが、今回の遠征の内容はあんまり関係なかったんだけど、関係あるのはお仲間さんのこと。何回か遠征シリーズで書いているんだけど、あんまり会えない別地域に住んでる人たちだけど、距離感があんまり苦にならないんですね。それはなんでか考えてみました。私はあまり人見知りではないですが、そんな私でも気を使わないわけではありません。どこまで踏み込んでいいのか、私の発言に対してどういうふうに思っているのか、またちゃんと理解してくれているのか。。。人同士の付き合いってここがとても重要だよね。ここが掴めないと、次からはあんまり会いたくないって思ってしまうでしょ。疲れるから。

     私は割と言いたいことを言いたいようにいってしまう方ですが、人の考えを聞くのも好きです。だから建設的な意見を出せる人は尊敬するし、また会って話をしたいと思います。前回も書いた通り、伝え方も大事ですが聞き方も大事で、ちゃんと聞けないと内容を理解できず、そこからは建設的な意見は生まれません。そして、建設的な意見を出せる人は普段からしっかり考えている人です。さまざまな事象に対し、ありとあらゆる角度から物事を見ようとしているからこそ考えが生まれるし、またその考えを言葉にして表せるということになります。普段から、またこの辺りは子供の時からの訓練が必要なことかもしれませんね。思ってるだけではいざという時相手に正しく伝わるような表現はなかなか難しく、また一方的な考えでは、意見を出した時薄っぺらい説得力の欠ける意見になってしまいます。

    お仲間2人はどう思っているか本当のところはわからないんですが笑笑、この2人はバスケのことだけではなく、またまこドラのことだけでもM6Hのことだけでもなく、自分の価値観のもとにしっかり考えて意見を言えて、そして聞き方もわかっている方達です。だからこそ、私が考えを述べてもただ追従することはせず、説得力があるからこそ、こっちも、反対意見であったとしても「そっかー」と素直に聞けるわけです。

    一番嫌いなのは、その場で意見を言わず(なぜなら、自分の意見に対して反対意見が出たり、それによって悪い評判が立つのが嫌だから)、後になって、どこか違う場で表面上だけ大人ぶった意見をする人です。私には、話し合いのテーマを他の誰かに出させておいて、意見の方向が定まってから、マイノリティを批判するというやり口の人は卑怯でしかないと思っています。ですが、SNSでも見るように、また大衆の意見でもよく見るように、多数派の考えの中にいないと、ダメなんだという風潮が日本にはまだまだありますよね。言論の自由や表現の自由が等しく付与されているにもかかわらず、マイノリティは白い目で見られることが多いですね。

    私はよく、わがままな意見が多いとか変人だとか、普通でないとか言われがちなんですが、わがままでない人っていないと思っています。人と人と付き合う時、相手方の気持ちを汲み取ったり、空気を読もうとは誰しもしていると思うし、それがコミュニケーションをとるということかもしれませんが、所詮、自分の口から出る言葉は自分の価値観から出る言葉。結局誰しも自分本位なのです。

     今シーズンも終わりに近づいていますが、私にとっては実に濃いシーズンでした。色んな人とおしゃべりしたりするけど、ましめな話もふざけた話も、意外に薄っぺらでわかったような表面だけのお話って多いんですよね。その中で貴重なお仲間さんに出会えたことに感謝します(これ、本当ね)。

    縁とか出会いってどこに転がっているかわからない。大事にしよう、本当に。