ホーム

  • 切れ長くん

    わたしは切長の目が好きです。わたしの家族がどちらかというとくどい顔家系なので女の子も男の子もシュッとした顔立ちが好みです。憧れる。

    ピンぼけ写真もあるけど、直近のプレシーズンからチョイスしてみました。そして今シーズンは遠藤さんファンが爆発的に増えるとみた。その辺りの動向に着目ですね。

    ・遠藤祐亮選手(宇都宮ブレックス所属 No.9)鹿沼市TKCいちごアリーナ、魚津市ありそアリーナ

  • 喜怒哀楽

    比江島慎選手 

     バスケットボールはまだマシな方と思うが、サッカーなんかだと国際試合はお国によってはラフプレーが目立つよね。会場の観客の煽り方もハンパないし。ラフプレーは良くないんだけれども、日本人はおとなしすぎる民族であることには違いない気がする。

     マコさんは昨シーズンCS優勝した時、感情が顔や行動に出てしまったときのことを「普段はポーカーフェイスなんですけど、感情が出てしまいました」と語っていた。わたしから見ると、とってもわかりやすいんだが、一生懸命顔に出さないように努力しているのだろうとは思う。

    必要???

    私はまだ何も分かってなかった頃、このブログでも触れてたけど(最初の方のブログ、小中学校、高校の頃の話、高校恋愛編で詳しく書こうと思ったんだが、まだ続編書けてないっす)、あまり感情を出さない様にしていた。そして、顔に出ないということは客観的に物事を見ていることになり、自分は冷静である証拠だと勝手に思っていたため、それが正解だと思っていた節がある。

     どうやら日本の文化なのだろう。冷静沈着、わめかず、大声を出さず、クールに。。。女性も慎ましやかに、男性の3歩後ろを歩き、目立たず、おしとやかに、というのがいい女の条件。日本の文化を否定しているわけではないけど、理想の女性像をこれに当てはめてしまうと、今の世の中、セクハラを取られるでしょうね。脇道に逸れてしまったけど、慎ましくいることが日本の文化であるからわたしもそういう価値観で育ってきてしまったのだろう。わたしはこの後、高校生の時、感情をぶつけることで自分の殻を打ち破ることができた。

     いつもクールな人なんて、ちっとも魅力的じゃない。

     かつての上司が韓国出身であった。彼女は日本が大好きで、日本の会社に就職したかったんだそうだ。彼女は言い訳も失敗も隠さない。誰かのせいにすることもある。でも必ず謝る。言い訳はしても、感情をあらわにして、泣きながら謝ってくる。韓国は泣く文化だと聞いたことがある(違っていたらごめん)。最初はだから、泣いて媚を売っているのだろうと思ったけど、違うとわかった。日本人は泣くことがみっともないと思うところがある。「そんなことで泣くのか?泣くくらいなら最初からちゃんとやれよ。泣いたら許されると思っているのか。。。」言ってしまったり、思ってしまったり、またこの言葉を言ってる人を見たことないかな?いかにもそれらしく装って、泣いてる人は弱い人、こんなセリフを吐く人は強くて冷静な人、そんな図式が出来上がっているね。

    わたしは言いたい。泣くくらい悔しい思いをしたことがないのか。泣いても自分を認めてほしいと思ったことはないのか。泣いても取り返しがつかないほど後悔したことがないのか。であれば可哀想な人だ(嬉し涙と人が亡くなった時の悲しみの涙は、これだけは許されてるから別)。感情って隠せるものではないはず。殺せる感情なら、それだけのものしか経験してないってことだと思う。長い人生の中でそんな寂しいことってある?

    これと同じで、怒りも、喜びも、なぜか日本人は体全体で表すのが苦手なようだ。だからなのか、そもそも目立つことをよしとしないところがあって、ビジネスにおいても交渉が下手。PRが下手。日本人はとても勤勉だし優秀だと思う。だから世界でもトップクラスの技術、開発もされているのに、それをビジネスに活用するとなると世界に先を越されてしまう。

    学生時代、仮想空間の中、各国と仮想ビジネスで競ったことがある。資本金1000万で1年後、3年後、10年後どうなっているか。わたしは手堅く安牌なビジネスをしていた気でいたのだが、初期に資本金の倍も借金してるヨーロッパやアジアのチームに10年後は結果、何倍も利益に差をつけられ大敗。しかも相手は小学生。思うに、思い切った行動を起こす勇気がない。感情が爆発するほどの衝動も同じ。心が耐えられないんでないかな。

     そうはいっても、私たちが学生の頃あたりから最近の風潮は変わりつつある。相変わらず水面化?ではまだ女性が慎ましいのが好まれるように思うけど、就職の採用なんかでは自己PRは重要なファクターだ。他人と違う点やリーダーシップ、考える力や伝え方(交渉術につながる)は重要な決め手になる。そのため目立つことが第一歩だし、だからこそいわゆる陽キャ陰キャという言葉が生まれ、目立つ人がチヤホヤされるからいいんだと、またまた違った目立ち方の解釈が世の中を蔓延っている。どちらにせよ、自分を出すことが苦手なのは間違いない民族なのであろう。

     まだまだ、感情は表に出してはカッコ悪い。でも目立ちたい。偉そうなことを言いたい。感情をあらわにせざるを得ないほどの経験をしたこともないのに?なんでそう思うかって、要するに楽なんだよ、自分の感情を殺す方が。自分の感情に向き合うのって、知らなかった自分を知る事だから怖い。そこに向き合えてない人がまだまだ多いように思う。そうでない人もたくさんいて、わたしはありがたいことに、経験値が豊富で影響力の多い方達に出合う縁に恵まれてきた。何が悪いって、そういう感情を表に出すのがカッコ悪いっていう風土が悪いっていう話。わたしら団塊ジュニアでも半々だと思うな。前からこのブログで書いているけど、色々な価値観や哲学、文化、、、過渡期なんだ。日本経済においても、一番お金を動かしているのはこの世代(人口が一番多いという点でも)。良くも悪くも、影響力が大きい世代なのではないかなと思っている。

     変革時に影響力のある世代。団塊ジュニアが日本経済を変えられる。ミクロな見方をすると、会社の生き死にはこの世代が変われるかにある。第一線で活躍しているのはもっと若い世代だと思うが、人口が多く、今までの変革時は全てこの世代が関わってきたのはリアルに覚えてるだろう(金融ビックバンにしかり)。若い世代がもっと動けるように準備してあげるのはわたしらの仕事かもしれない。

    まだ自分の殻にこもってる人がいたら、破ってみない?自分の知らなかった感情に触れることは勇気が必要だけどね。

  • 洋服とわたし

    M6H 634色 ロングスリーブTシャツ

    わたしは特におしゃれが好きなわけではありません。センスがいいわけでもないです。ファッション雑誌もほとんど読みません。美容院に行ったら真っ先に目を向けるのは「もんみや」のbrexのページ。総合情報系の雑誌の方が好きです。まあ、でもほとんど読みません。なので、若い女性の流行ってて持ってるバッグのブランドもわからないし、そもそもブランドがわからないし、ZARAにも行きません笑笑。

    人によっては周りについていくために頑張ってブランドを勉強し、わざわざ買いに行き、覚えたアイテムやワードを使いたがって羅列している人も多いでしょう。

    流行っているコスメに関しても同じ、髪型だってそう。ほぼ興味がありません。わざわざこちらが興味ないって言ってるのに、いろいろ教えてくる人にはうんざりします。それでいてチグハグなメイクしてたら説得力ないじゃん。だがしかし、興味あることに関しては食いつきます。韓流大好きな友達がしつこく韓国コスメを持ってくるものだから(お礼のつもりらしい。ブレックスの試合に何回か連れて行ったりしたので。本当はほぼわたしのわがままに付き合ってもらっただけなんだけどね笑笑)、コスパが抜群じゃん。質も高い。パック、浸透力がハンパないって。今更かもしれませんが、国産は、の割に高いもんね。

     わたしは、わたしを振り回してくれる人が好きです。この友達はネガティブでしつこくて人の話は聞かず、自分が一番不幸だと思っているし、興味ないって言ってるのに、しつこく毎回毎回韓国コスメを持ってきました。「一回騙されたと思って使って」って、試供品やら、100こセット買ったから全種類1枚ずつあげるから使ってみてよってね。折れたカタチになったけど今では良かったと思っています。実際、彼女はわたしと違いオシャレが好きで、出かけるのも好きで、メイクとか可愛いもの、かっこいいもの、音楽フェスとか、UKロックとか大好きな人です。だから、そういった点では説得力があったというか、そういうところの信頼はありました。本筋から外れましたが、彼女は全く持って付き合いづらくわがままですが、でも捨てられない笑笑。まあまあ、わたしを振り回す困った友達です。

     わたしのブログを何回か読んでくれている方ならもう知ってるかもしれませんが、わたしも変えられない一本筋の通った哲学を持っています。普段は人に合わせることもあったり、ヘラヘラしてみたりすることもあります。怒られ慣れてるので、上司に怒られても、失敗して部下に笑われてもふにゃふにゃしていても、自分の自分が嫌いではないのです。きっと自信がある。だから何言われても平気なわけですね。ダメなものはダメなんだから間違ったのなら咎められる。それは上だろうが下だろうが関係ありません。

    わたしはおしゃれではありません。でも、着る服に迷いはありませんし、自分をダサいと思ったことはありません。髪型もそうです。女性らしく、ワンピースを着て、ロングヘアーの巻き髪が(マコさんは好みなのでしょうが笑)、男性ウケがいいことも知っていますがわたしが特にしたいスタイルではありませんし、わたしの個性ではありません。今までの彼氏の好みに合わせたことはありません。わたしのコンセプトがあるとするなら、「好きなものを好きなように着る」「服や髪型でいかに遊べるか」です。生き方も同じ。いかに自分の人生を生きられるか。結婚するときにこれを条件にして栃木に来ました。実際はそんなに勝手に行くものではないことも知っているし、家族を大事にしていないように思っている方もいらっしゃるでしょうが、わたしの子供たちはこの一風変わった母親を自慢に思っているようです。そもそも結婚自体しなくてもいいと思っていました。わたしの両親は結婚はただの選択肢の一つで、最高の選択肢だと思ってはいません。

    もし、おしゃれをしたいと思う人がいて、なんでオシャレになりたいのか考えて、人は可愛くなりたいしカッコよくなりたいし、なんでだろう。好きな人に好きになってほしいから。自分に自信を持ちたいから。視線を集めたいから、自分に目を向けてほしいから。いろいろあると思うけど、まずやることは、自分をしっかり持つこと。自分を知ること。人と比べることなく、個性を大事にできるようになること。揺るぎない自分のある人は目を引くだけの魅力があります。可愛いとかかっこいいとかだけではないんだけども。ある種、さまざまな見え方で目を引くこともあるけど、それは存在感というやつです。何を着てもどんな格好でも、また何を着たって恥ずかしくないし、様になるようになるし、むしろみんなが避けていたアイテムですらおしゃれアイテムになることもあります。

     このブログで、「それは個性」という回で比江島選手の魅力を語ったけれども、やっぱり個性なんです、人の魅力は。人自体の持つ魅力との合わせ技ですね。選ぶアイテムによってはより独特な味を引き出せると思います。

    服は自由に選んで楽しんで着ることが一番大事だと思うし、今は選択肢が多い時代です。ただアイテムの活かし方はあると思っています。着方を間違うと、アイテムが台無しにあることがあります。モデルやマネキンが着用しているアイテムをそのまま着ても、またスタイル(この場合は肉体的な面で)が抜群に良くてモデル体型でも、まるでおしゃれにならない人もいます(なんでだろうと思うんです。身近にいるのですが)。何を着せてもしっくりこない。見た目の作りは悪くないはずなのに。

    おしゃれに関わらず、そのものの持つ意味やコンセプト、解釈を間違うと価値がとても下がります。洋服だけでなく、モノの持つ意味の解釈だけは間違わないように生きたいですね。

  • イケメンくん

    イケメンのイメージ画像です。宇都宮ブレックス 遠藤祐亮選手 

     私はイケメンに困ったことがない。

     いや自慢でなく。別に今までの彼氏が全員イケメンだったとかそう意味でもなく。ただ単に幼稚園くらいの頃から幼馴染も男の子が多くてモテる子が多かっただけの話。

    周りから見ると羨ましいのか?それ。

    高校の時、小学校からの同級生と普通に話してたら(同じ高校に同じく浪人して入学して、さらに高2の時同じクラス、席が隣になった)、

    「カオリちゃんいいなあ、◯◯くんと友達なの?かっこいいよね、紹介してよ」

    いや、別に自分で話しに行けば?って思う。やつ、普通の人だし。顔が整っているだけで。この時ちょっとびっくりした。やつのこと、かっこいいと思ったことなくて、高校で初めて会った人たちにはかっこよく見えるんだね。まあ、性格知らんだろうしね。私はやつのことは小学校の時から知っている。人柄というか、中身知ってる限り特に魅力的でもない(失礼)私には。まあお互い様です。恋愛になるような関係でもなかったし、、、

    しかしまあともかく、男友達が多く、なぜか女子にモテる男子が周りに集まってくるところがあった、小中高ともに。私がモテるとかじゃなく、むしろモテないからではないかな。男子は意外に女子女子してる女子が苦手だ。大学の同じ学部で、同じような流行りのバッグ持ってブランド着て、似た髪型した女子がツルんでいたんだけど、7−8人のグループで。私は女子が3−4人、男子が4−5人くらいのと仲が良くて、よく睨まれたっけなぁ。その時の仲間に聞いたらさ、あいつらこえぇって。確かに見た目悪くないし、着飾ってるかもだけど。どれがどれか区別つかないよって言ってたっけな。

     いわゆるモテる女子って、女子力高くて、常に男子の目を意識している(羨ましい)。次、生まれ変わったら女子力高めに生まれたい笑。が、男性を恋愛対象としかみていないから本当の男友達はできない。これ、逆も言える。ということは最初から男女性別差別して見ている証拠だよね。何回かブログで書いてきたことだけど、私、老若男女区別しない。性別だけではなく年齢だけでもなく、見た目だけでもなく、、、(そういう人生もあるから、否定しているわけではないんだけど。。。私のいとこは、女子に嫌われても男子にモテたいと言っていて、男子への媚び方がすごい。それはそれで彼女の人生)

     私の周りに集まる、モテ男たちはさ、特に高校生の時なんかは、本当にモテ男ばかりだった。青森県随一の進学校はブランド力もピカイチで、かっこいい、そしてクレバーで、運動もできて喧嘩も強い。弘前の高校中に有名なやつばかり(いや本当)。証拠に、私予備校時代とか、大学の時、高校の仲良し男子が有名なやつばかりだから、あたしと仲良くしておけば、そいつらとも仲良くできると思われて、私と知り合いになりたがる子多かったし。。。

     そのモテ男たちはさ、自分達のとこに群がる女子はどんな目的かもちゃんとわかっていて、女子にモテようと媚びるやつはいなかったな。だからこそ、私の周りに来たんだと思うよ。モテる、有名人、かっこいい、、、そういううわべでやつらを見なかったから。そもそも面白くないやつ私嫌いだし。これでも評価は誰に対しても公平。人を見る目だけはあるのが自慢。見た目だけじゃなく、彼らは賢く、自分の哲学を持っていて、人を区別せず、だから、自分達を特別視する女子が群がってくるのを良しとしなかった。まあ、実際に見た目も中身も彼らはとても魅力的だったけどね。もてなす力も、恋愛経験も豊富だからある程度の色気もあるし、そして実に個性的で、また個性的な人を好む傾向にあったよ。

     本題に戻るけど、私はイケメンに困ったことがない。だからこそ。

     私の全体のブログのテーマ、「私は人に恵まれている」

     見た目じゃない。また面白さも、笑かすことだけじゃない。イケメンもイケジョも人の魅力って中身から出るものだ。色気もいろんな経験から自然に溢れ出るもの。誰かの言葉を借りていい事を言った風でもなんか薄っぺらいのはその人が本当に考え悩んで出した答えではないからだと思っている。そして大事なのは個性。個性を出せるというのは一周回ってからかもしれないね。

    自分を知り、向き合って、でもとても勇気が必要なこと。でも乗り切ればとても魅力的になれる。私、見た目だけいい人嫌いなんだ。モテると勘違いして自分を磨こうとしてない人多くて、話すと面白くない。カッコばかりつけて中身がない。見た目は親から授かったもの。さてそれを生かすも殺すも自分次第なんだな。

     話ちょっとずれるんだけど、ブレックスの選手って個性的すぎるよね。正統派の中身まで合わせてイケメン1位は私の中では遠藤さんです。笑

     シーズンもう少し。楽しみだねーー。

  • 私の心を揺さぶる名台詞集

    フルアヘッド・ココ 作者 米原秀幸 週刊少年チャンピオン・コミックス(秋田書店)

     私の哲学が形成されるのに十分な影響を及ぼした漫画たち。正直まんま受け入りです笑。

    ①フルアヘヘッド・ココの主人公、ココがキャプテンバーツの船、sweet madonnaのクルーになり成長する物語。このシーンはお宝を求めて立ち寄った島でバーツがココに語らうシーン。

    星空を人と人との出会いと見立てて、人との出会いがなければこの世は「真っ暗闇だぜ」というシーンです。とにかく、主人公ではないんだけど、キャプテンバーツがかっこいい。これ、ちょっとした恋愛もあるんだけど好きな女性に振られっぱなしのバーツが一途に彼女を思い、守るシーンも見もの(彼女は別の海賊船、レッドスケルのキャプテンなので、普段は敵です笑笑)

    スラムダンク 作者 井上雄彦 週刊少年ジャンプ(集英社)

     ②言わずと知れた王道マンガ、スラムダンクは高校生の時、部室に置いてて部員が回し読みするから、もうボロボロです。新刊出るたびに部室に並ぶから卒業する時持って帰るの大変でした。その中で一番好きなシーンですコレ。花道のバスケに対する想いの集大成がこの短いセリフにこもってますねぇ。他、山王戦本当の最後のシーン、花道が右斜め45度の位置で「左手は添えるだけ」といって流川からパスをもらうシーンとか選びきれないんだけども。セリフとしてはコレかな。

    ツルモク独身寮 作者 窪之内英策 ビッグスピリッツコミックス(小学館)

     ③当時は映画にもなるほど流行った漫画。青春ラブコメ漫画です。今の若い子に読んで欲しいなぁ。この歳になってもピュアな気持ちになれるマンガです。なんか大人になっちゃうと恋愛がつまらないね。思い出すのはプラトニックな恋愛ばかりだよ。で、(笑)このシーンは私をリセットさせてくれるシーン。青臭いと言われても夢を死ぬまで忘れたくない。そして、自分で動き出さないといけないと、諫め、奮起させてくれる、主人公正太のセリフです。最終巻、寮の仲間たちがそれぞれ新しい人生をスタートし、遅まきながら正太もやっと動き出す決意をしたシーン。恋人にもなっていない、告白もしていない大好きな彼女みゆきを置いて海外に行かなくちゃいけないから、ウダウダしていたんだけどね。

    ジョジョの奇妙な冒険 第5部 作者 荒木飛呂彦 週刊少年ジャンプ(集英社)

     ④たぶん一番私の人格形成に影響を及ぼしてるマンガ、ジョジョ。あのね、苦手な女子多いと知ってるけど本当に素晴らしいマンガなのよ。

    宇都宮ブレックスのキャップ田臥選手が自身のスローガン、「過程を大事に」って色紙に書いてた時、正直鳥肌が立ったよ。

    これは5部の主人公たちのチームの1人、アバッキオが死ぬ時のシーン。アバッキオは真面目な警官だったんだけど、たった一回、甘い欲望に勝てなかったせいで先輩警官が殉職。その先輩が、アバッキオが死んだ時の魂に語りかけるセリフ。この5部の敵は過程をすっ飛ばして結果だけが残るという能力のスタンドを持っている。作者が過程を蔑ろにして結果重視の風潮に警鐘を鳴らしているのがこのジョジョの5部のテーマだ。

    「結果だけを求めた時、人は近道をしたがる。大切なのは向かおうとする意志。いつかは辿り着く。向かっているのだから。」

    ジョジョの奇妙な物語SBR 第7部 作者 荒木飛呂彦 週刊少年ジャンプ(集英社)

     ⑤そして私、ホットパンツの由来は、ジョジョの7部 steel ball run に出てくる女性の登場人物の名だ。第7部はまさしく主人公ジョニーが文字通り歩き出す物語。ここに出てくるホットパンツはある悔恨の念からこのSBRというイベントに参加する。強くかっこよくかわいく、そして弱い女性。主人公ジョニーのある意味サポート役の彼女だが、彼女の苦しみが時に切なく魅力的なのだ。人は大いに悩み、迷い、その苦しみを経験しないと魅力的になれないんじゃないのかなぁ。

    この7部はそもそもジョジョの中でも大好きなシリーズ。ジョニーが歩き出すために、ジャイロツェペリは重要な役割を果たし、とても人気のキャラだ。かっこいい。なんというか、読んでいる私にとっても「歩き出す」物語なのだ。うまく説明できないが、解釈を間違えるとただの少年漫画。しかし哲学がしっかりしている漫画。ジョジョは奥が深いんだよ。大好きなシリーズから名前を拝借したっかったっていうのもあるかね、ホットパンツの。

     挙げたらキリがないから、今回はこれだけにします。かなり好みが偏ってるかもしれないし、あまり女子には理解されづらいんだけど。気が向いたらこの作品たちを読んでみてください。

  • それは個性

    比江島慎選手(2022.8.14 国際強化試合 vsイラン ゼビオアリーナ仙台)

     マコさんが大好き。かっこいい。かわいい。バスケしている時は本当に素敵で尊敬している。そして、でも面白いのだ、私にとっては。

     本人はいたって、普通。にしてるつもり、きっと。面白いこと言ってる訳でもなく、トークも得意だと思ってないだろうし、できたらしゃべる仕事はしたくないとまで言ってるし、ジョークも下手。言葉で自分の周りに人を呼ぶタイプでもなく、コミュ障なのではと心配になる程。そして自分自身も人見知りで人と打ち解けるのが苦手だと思っているだろう。

    マコさんうんぬんとか関係なく、このタイプの人って、学生時代なら、今風で言うといわゆる陰キャと呼ばれるタイプの人。言葉の雰囲気に騙されちゃいけない。世の中の評価って、陽キャがいいんだって風潮あるよね。人見知りな人や、口数が少ない人を「おとなしい」「暗い」「何考えているかわからない」という言葉で私には責めてるように思う。でもね、明るく振る舞ってる人の中にも、そういう人ほど「何考えているかわからない」と私は思っている。元からよく話す人、ではなく、そういう風に振る舞ってる人の中には、自分を隠してまで陽キャでいないとって思ってしまってる人も多いのではないかな。だって陰キャって思われたくないとか、そもそもその言葉にはバカにする要素を持った意味があるから。自分は面白くない人間だって評価されたくないんだよ。だから、本当の自分は隠す。面白く見せる。本当の自分が見透かされた時、逆に相手をバカにした言葉で自分の本当をもっと隠す。だから、私には、そういう人って腹の底が見えなくて苦手な部類、「何を考えてるかわからない」。本当は実はこっちはわかっている。だから見ていて辛くなる。

    そして、「面白い」ってどういうこと???ジョークがうまいってこと?芸人さんみたいなネタが豊富ってことか??ゲラゲラ他人を笑わせるのが得意な人のことをいうの???

    もちろんそれも是。でも違った意味もあるでしょ?私は、マコさんが面白いのだ。この人、自分で気づいてないけど人を周りに集める魅力がある。そして自分の間(ま)に巻き込めるタイプの人だ。笑わせるとか口がうまいとかではない面白要素。マコさんはきっと、自分は面白くない人間だと思っているだろうけど。私にはとても興味深い。そしてそれが彼の最大の強み(だと思っている)。だからこそ、もしかすると彼の持つ本当の魅力が理解できない人にとっては、なぜ、彼が構ってもらえて、人を呼ぶのかイライラしている人もいるかも(いたかも)しれない(妄想w)

    私の子供たちは幼い頃から、なかなか友達が増えず、いわゆる陰キャの部類だ。親としては心配していた時もあったが、私は人のことを言えない子供時代を過ごしてきたので、本当の意味では心配していなかったのだが。だって、高校生の時、大人の一歩手前くらいの歳になって、個性的だらけの高校に入学。そこではスーパースターの君とオタクと呼ばれる生物部のやつが、普通にゲームの話をし、一緒にご飯を食べに行ったりしていて、陽キャ陰キャなどない世界だったのだから。私は知っていたのだ。

     そして私の子供たちが高校生になった時、先生に言われた言葉、

    「間が独特なんだよなぁ」。。。

     親として思ったことは、「あ、やっぱり?」だって私の子だものなぁ。よく似ている。でもね、否定的には思わないで。隠さず、自分を出せてる証拠だし、周りの価値観に合わせていかなくても大丈夫な強さがあるってことだ。自分の個性を否定してないところが魅力で、それに惹かれて集まってくる人たちも必ずいるのだから。

     個性を発揮できるような「日本」にもっとなっていけますように。

  • 愛する、生きる

    菌類の種類はわからない

     もう何人同級生が亡くなったろう。

    どんなに小さきものでも、見た目がどんなものであっても、たとえ目に見えないものでも、この地球上には生きとし生けるもので溢れている。

    昨日は宇都宮にある八幡山タワーから宇都宮市内を一望してきたし、今日は福島のアクアマリンふくしまに行ってきた。長男と前日の夜に急に決めたのだったが、うちは動物園や水族館が大好き、家族全員。そして、子供が小さい頃から、車で600kmロングドライブで私の実家に帰省していたから、子供達もドライブは慣れたものだ。今回の目的地までは立ったの141kmだった。

     私は学生の時は世界史と生物が大好きだった。宇都宮の町を一望してる時、古代ロマンを感じずにはいられなかった。(最近、キングダム2を見たことも関係あるかも。大げさ)。思えば、人間にまで進化してから随分と長い時間はかかったがこれだけの文明をよく築き上げたなあと思ったり。また古代の学問、科学や哲学、インドの数学など信じられない。教えてもらってもわからないし、今の時代を生きていても。医学も発展し長生きになった。死なないほうがいいんだが、さて生物学的にはどうかな。

    カブトガニ(生きた化石)

    よく、生まれてきたことには意味があるとかいうけど、ないよ。生まれてきただけだ。生きていくのに理由づけなんか要らなくて、生まれてきたんだから悔いなく生きるだけ。ただの生命体の一つ。だからこそ強い。今生きていられる私たちは強い。生命は淘汰される。弱いと死ぬ、滅ぶ。その地域独自の進化をそれぞれ遂げた生物達も、人間の文明の発展と共にあちこちに侵入し、生態系が壊れることによって滅ぶ種も出てきたりしているが(外来種問題)、ただの一つの種である人間の手のよってもたらされた文明が原因なら、やはり変わる環境に対応できないのであれば自然淘汰の一つなんじゃないかと最近は思っている。ウイルスについては生物か否かはっきりしないのだが、最近のコロナウイルスなんかは変異株が次々出てきて人間様を困らせているね。

     この地球上にはあちこちで生命が生まれ出でて、いわゆる下等生物と言われるものであっても、意志がなくても、そこらじゅうに愛が転がっている。感情的なものは生物学的にはどういう意味があるのかは知らないけど、人間の次に高等な哺乳類のペットは学習能力で飼い主に懐いてるわけじゃないと思うし、たとえもっと下等な両生類のカエルだって懐くという。もしかして、それぞれ進化しているのかもしれないよね。脊椎が、よりもっと笑。単純に恋愛だけじゃなく、上手く言えないんだけど、その辺のただの草木や飛んでいるトンボを見ていたら思ったんだよね。愛に溢れた世界なんじゃないかって。

     4年前に中学の同級生が死んだ。スキルス性の胃癌で死んだ。とてもカッコよく寡黙な人。彼は24歳の時に44歳の2人の子を抱える女性と結婚した。当時確か小学生と中学生の子たち。しかし、半年足らずで奥さんは亡くなって、彼が2人の父親として子供を引き取って育てた。奥さんは乳がんだった。普通に恋愛して、愛する人の癌がわかって、愛おしい子のことを考え、きっと愛する人と最後まで一緒にいたいと思って結婚した。そして自身も44歳の時胃癌で亡くなった。

    死んだのに、何言ってんのって言われそうだけど、とてもロマンティックでドラマチックだよ。やつは最後までかっこいい人生だった。全部愛のために。彼の親御さんは悲しみに暮れながらも、自分の息子を誇っていて、悔いのない人生だったろうと言っていたらしい。そこまで好きになれる人と出会い、少しの間でも一緒にいれたのだから、と。(私の親に聞いた話。親同士も同級生)

     現実はドラマよりドラマチック。人間だけじゃなく、進化する生物全部にドラマチックなことが起こっていて、世界は目まぐるしく変化し続けている。

     わたしたちにもこれから起こる未来はわからない。生命ある限り、喜びも悲しみも痛みも全部自分のものにして、また明日。

     

  • 私について②

    (イメージ画像)

     淡い夢を見た。ちょっぴり悲しい夢。セピア色の夢。(好きな漫画のパロディ)

    その日は何もする気がおきず、疲労のため、どうやら眠ってしまっていたらしい。

    涙が溢れていた。

    それは小学校の時仲良しだったクラスメイトが何か話しかけてる夢。最後の一番大事な部分が聞けず、目が覚めてしまった。彼女は高校卒業後、国家3種で外務省に就職した。ギリシャに行くよーって言って最低3年はギリシャだよっていって、その後会えていない。

    どうしてるかな。一緒に沼地に行ってトノサマガエルや(青森出身なのでトノサマガエルはいる。いないのは仙台平野と関東平野)、ミズカマキリ、タイコウチ、その他いろいろな生き物とって遊んだよね。彼女の家には黒猫2匹いて、猫アレルギーの私でもかわいくて通い詰めていたっけ。

    彼女に怒られている気がする。

    「泣いたり喚いたり、容量が悪かったり、でも正直で、生き方が下手でも、やるって決めたことはやりきってたでしょ。カオリ(私の名前)が羨ましい。自由で、わがままでも許してもらえてるじゃん。」

    「あれから成長できてる?◯◯◯◯◯◯、、、、」

    ギリシャに行く前に会った時、言われた言葉。今なぜ夢に出てくるの。最後の部分がわからなかったよ。

     私はいつでも自信が持てず、ずっと何かに迷って、後悔して、一歩踏み出せず、グダグダしていて、毎日の生活も、仕事もそうだ、迷いを払拭するように、考える間を持たないためにがむしゃらだった。

     でもでもでも、、、

    最近はとても楽しいことがいっぱいだ。新しい出会いや、出来事がたくさんあった。ただ、その出会った人たちの頑張りや可能性を見てると私が置いていかれてる気にもなってるのかもしれない。私は?

    私らしくってなんだ。最近は考えるのも面倒になって何するのも面倒だ。

    4年前に仕事のために別でアパートを借りてた頃、よく集まった職場の仲間。将来や未来のことを語り合いながら退勤後ご飯をよく食べたりした。一番若いやつは、この私たちとの出会いが転機になって海外に留学した。

    「このままでも楽しい。高校の友達とかと一緒にいるのは楽しいし、このまま普通に結婚して、友達と呑んで、、でもいいと思っていた。でも自分の可能性ってまだまだあるし、初めてなんだ、こういうことを真剣に考えるの。時間が勿体無いと初めて思ました。」

    もう1人も、先の未来のために転職した。そしてこの彼は

    「生きていくための手段なら日本だとたくさんある。メキシコに留学していた頃は、生活がいかに大事かって考えさせられた。生命力が日本人とは違う。生きたいように生きないと後悔する。まだまだ知るべきことが無限にあるんだ、世界には」

    動けていないのは私だけ。思い出せ。

  • 私について

    リビングの窓ガラスにくっついてたナナフシ

     そういえばちゃんと自己紹介してなかったな、と思って。

    先日、朝起きてカーテンを開けると朝日と共に目に入ってきたナナフシ。私、これ人生で2回しか見たことないんですね。めちゃくちゃ嬉しくて、職場に行ったら自慢したくてこの写真見せたのに、

    「ぎゃー」

    だってさ。そんなに気持ち悪いムシでもないよね。農業体験の時も、ミミズやカエル、ナミアゲハの幼虫もいたけど、みんな苦手なのかなぁ。この世界に「生きとし生けるもの」なんですが???

    私の2人の子供達、長女は弘前大学 農学生命科学部 分子生命科2年、両生類爬虫類、特にイモリの細胞の再生能力を研究したいがために弘前まで。長男は高3だが、水生生物、海洋生物、外来種、両生類爬虫類、昆虫、、、生物系の自分の学力で入れる国立大学を今探している状態。私の子供達には、幼い頃からよく山や沼に連れていったし、家に飛んでくるアゲハが卵を産み羽化するまで一緒に観察したり、カブトムシの幼虫から育てたり、犬も猫もミドリガメも金魚がいたこともあったし、生物を好きになるのは当然の環境。そしてそもそも、何より、いわゆる女子が苦手な虫や両生類爬虫類を見た目で「気持ち悪い」と思う価値観に育てたくなかったというのがある。

    何が苦手だって、誰にでも苦手なものはあるから否定しているわけじゃないぞ。ただ、無限(本当は有限)に広がる宇宙空間にさ、生かされてる生命の一部でしかないんだって考えたら、生命体って新しく生まれるものも進化するものも含めたら、ただのホモサピエンスが何言ってんのって思わない??

    理系文系関係なく、哲学的にもさ、見え方の問題。前ブログで書いたっけ?考えや価値観、会話から生まれる言葉の捉え方、目に見えるもの、みんな違う。そして右倣えみたいなのは最も嫌い。私、喋らない時全然喋らないよねって、人見知りなのって言われたんだけど、全く違ってて、人と話すのは苦じゃない。ただ、私、周りに合わせる性格してないから相手を見て、自分の価値観押し付けてくるタイプとは話さないようにしてるだけ。聞かないじゃん、そういう人って。でも違った考えでも、聞こうとする人の話は私も聞きたい。そういう人の言葉は、ちゃんと自身の考えのもとに成り立ってることが多いから、話してて楽しいよ。

     今回はナナフシの流れから、価値観の方に膨らませたけど、元々は世界史も好きです。人間が初めてコミュニティを形成して文明が生まれてからのさまざまな葛藤を学ぶのは楽しかった。この先も解決する日は来ないだろうが(葛藤の最悪の形が戦争)。

     自己紹介になったかなぁ。「この世にあるというものならなんでも見てみたい」(好きな漫画の大好きな登場人物がいうセリフ)。わたしの根っこ。そのためになるべく視野を広げてみるようにしようと自分なりに心がけてきた、子供の頃から。

    「へぇ、お前にはそういうふうに見えるのか?」

    って聞いてきたのは私の父親。カナヘビやアオダイショウ、オニヤンマを山で捕まえてきてお土産にしてくれたのも父親。私こそ、親の影響が大きいんだった。

     価値観が単一なのはきっと団塊世代(あくまで私の考え。昭和の時代にはしょうがない。そういう教育だったんだし)。私ら団塊ジュニアはちょうど過渡期。そうであるべき、いや変わるべき、いろんな価値観を認めないとと思い始めた世代。だから同級生の中でもさまざまだね。実はこの子供達の世代は意外に親(私たち)が思うより、いろんな価値を認めあってる世代。さまざまな価値観や生き方を選択できている。私は、心配じゃなくて、10代から20代くらいの世代をむしろある種尊敬しています。学んでる内容(具体的な学習内容)も私らの時より難しいと思うよ笑笑。

     虫や両生類爬虫類苦手な女子多いって言ったけど、長女の学部、大体男女半分半分だけどちょっとだけ女子の方が多いんだって。アメリカツノガエル30匹飼ってる研究室が人気なんだよ。カエルやナナフシ見て「ぎゃー」っていうのは私ら世代の価値観なんじゃないのかぁ。。。笑笑

  • Bリーグ2021−22シーズンと私

     書き出しに迷っている。。。

    昨シーズン2021−22は語り尽くせないほどの濃い内容。どこから始めたらよいものか。

    「運命って信じるか?」(黒バス、青峰とサツキのシーン)

    とあるアニメのセリフ。元々運命論者であるがどうして、いろんな人たちにこの出会いや、また自分だけじゃない、みんなに起こっているであろう出来事を忘れず生きていってほしくてブログ書き始めたほど。宇都宮ブレックスや比江島慎選手、渡邉裕規選手を応援している理由はこのブログで何度か述べている通り。2020−21シーズンが終わってオフシーズンの間にマコ友さんが増えたことが直接の原因かもしれないけど、そもそも、あの時の富山戦(2020.12.9)にブレアリいってなければマコさんをこんなに応援していない。その後マコドラができて真っ先に入会していない。じゃないとマコ友さんとも出会っていない。アウェーに行こうとしていない。こんなにたくさんのブレ友さん達と仲良くできていない。13番地ができて、入会しようと思っていない。なべ友さんと挨拶していない。農業体験に行けていない。なべさんと芋を掘ることもできなかった。

    やばいと思うよ。たったあの日の選択が私をこんなに幸せにした。

    農業体験の時、なべさんが言ったんです。

    「タイミングとかね、僕大事にしてるんで」

    嬉しかった。私も同じ。あの時あのタイミングだからこそ、今私がここにいるわけだし。でもね、運命もまた信じていて、今まで出会った人たちって、どんなタイミングであっても出会っていたんじゃないかって思う。私の人生に決まっていた、影響を及ぼす人たち。出会ってくれたみんな。1億3千万弱いる日本の人口の中で出会って関わってくれた人たち。考えればキリがないし、みんながみんな私みたいな考えじゃないと思うけど、それでも私はそう信じている。

     昨シーズンはブレアリ以外でもバスケを観戦しようと元々思っていた。初はpre越谷(代表戦は除く)。越谷に行った時、だなぁ、カメラ欲しくなってしまったんだった。下手でも、みんなみたいに自分だけの写真が欲しい。そしたらバスケだけでなくなんでもない日常やそこにある風景なども撮りたくなって、SNSなども楽しくなってしまったし、おかげさまで休みの日は必ず予定を入れて、体が休まる時がない。寝てる暇もない。ありがたいことなのかな?いろいろな出来事や、起こってることを関連づけて考えたら今まで自分の身に起きていたことをいろんな人に知ってもらいたくなった。ブログを始めた。読んでくださってる皆様には感謝です。語彙力がないので毎回言葉を選ぶのに苦労するのだが、、、

     東京や群馬なども行ったが、大イベントは広島。残念ながらコロナ禍で美味しいものは食べれなかったんだけど、コンビニ弁当だって、レストラン探しまくった挙句の先に辿り着いた?楽しい思い出。駅までの道のりを迷いまくったのも、あのタイミングも、参ったな。本当に一生忘れない思い出、私にとっては。その後の大阪。笑える出来事もあったし。秋田にも行ったけど、ドライブは大変だったけど、秋田戦でのマコさんの惚けた表情は忘れられないよ(その後、真田さんに連れて行かれて目が覚めたらしいな)笑。富山では富山ならではのマコ友さんにも出会えました。富山観光はできなかったんだけど、ここキレイなとこだった。富山駅の周りは都会で整備されてて便利がいい感じであったし、運河の周りや立山連峰がまたすごい。普通に観光で行きたい場所。

     昨シーズン最大の出来事はなんていったってシーズン優勝。ワイルドカードでチャンピオンシップに臨めたものの、いいカードで、対戦相手はシーズン中から最大とも呼べるライバルチームたち。アニメの展開みたいだったよね。ギリギリでも、最後まで集中力を切らさず勝ち進み優勝した。

    やばいって。

    シーズンが終わって、チーム編成が変わるのは仕方がないことだけど、でもみんなの未来がそこにあるのなら応援する。前に進むことが最良の未来へ向かう道。

    そして、オフシーズン中、私にとっては初めてのファンイベント、なべさんとの農業体験。ファンサやばいね。これは特別なんだと言い聞かせて、これ以上贅沢にならないように戒めよう、自分を。

    ありがとう、なべさん。

    私、やばいって何回言った???笑

    そして、マコさんが何回か言ってた言葉。私もいつも同じことを思っています。だからマコさんが好きなんだ。

    「今ある自分は関わってくれてる方達のおかげ。どんな出来事にも出会った人たちにも感謝を忘れずにいようと思っています。」