マコさんへ送るラブレター②

 比江島慎様

 私は今マコさんが好き。大好き。人を好きになるのなんか何年ぶりだろう。

 私は常に好きな人はいるがそれはまた違った意味で。そもそも人間が好きだ。世の中はいろんな出会いに溢れている。でもこんなに人間が多くても、同じ人は1人もいないし、生き方や環境、価値観全部違う。だからこそコミュニティでは摩擦が必ずあって、しかしコミュニティを形成しないということもあるわけがなく、人間ならば必ずコミュニティを形成して必ずどこかに属さないと生きられない生き物であるという。太古の昔からの永遠のテーマ。だからこそ人間と言え、そうでなければロボットと同じだ。約80億人いる人類のなかで一生でどのくらいの人間と関わることができるのか。考えるとキリがないけど、出会いは大事にしたい。限りがあるのだから。

「人とすれ違うだけでも出会いだと、俺は思う」

(フルアヘッド!ココ・秋田書店・作者 米原秀幸) これはジョンバーツがココに語るシーン。ある時キャプテンジョンバーツの海賊船に乗り込んだことから始まる冒険ロマン。少年ココがお宝目指して、いわくありげな仲間たちやバーツの影響を受けて成長する物語。ホットパンツのおすすめマンガ。宇都宮近辺の方、言ってくれれば貸出致します笑笑

好きな漫画の大好きな登場人物が言うセリフだが、私も共感でき、だからこそこの漫画が好きなんだろうな。このキャプテンジョンバーツ、好きな女性のために、自分を裏切って他の男の子供を産んだ、それでも好きな女性をどんなことがあっても守り抜く。たとえ報われなくても。しかし切ないわけではなく前向きに展開していく。そして、他のクルーのみんなも限りなく優しい。優しさとは強さとは何かも考えさせられるマンガになっている。ぜひぜひ。

 というわけで、出会いは大事だと思っているという話。マコさんに抱くこの恋心も大事に思っている。

そんな歳で、よく恥ずかしげも無くこんなブログ書けるよなって思われる方もいらっしゃるかもしれないが、人間の一生は短い。出会えるチャンスもましてや気持ちを伝えられるチャンスも限られている。何回かこのブログで書いているが気持ちは伝えたほうがいい。後で絶対後悔するから。届いても届かなくても、本当の気持ちなんか届かない時の方が多いけど努力はしよう。

「人生はいつ終わるかわからない」

「好き」の感情はいろいろある。家族に向ける愛情。友人に向ける愛情。恋心。今まで付き合ってきた彼たちに向ける感情も恋心ではあるがそれぞれ違った恋心だった。マコさんに向いてる応援する気持ち、原動力は紛れもなく恋心から。友人・知人ではないから、彼の本当は知らないからあくまで憧れであるが、それでも恋心。アリーナに行って、マコさんを見て、バスケ姿見て、写真を振り返って、毎日ときめいている。まるで中学生に戻ったかのように。バカバカしいなって思うが、自分の心をコントロールできないのだから「恋」ってすごい。

こんな歳なのに、マコさんは私を少女に戻してしまう、、、

 どれだけの感謝がマコさんに対しあるのか。数えきれないくらい、マコさんには助けられている。辛い時、主に辛いのは仕事に関してであるし、職場でのストレスはハンパないが、それでもまだ仕事を続けていられるのはマコさんのおかげだ。冒頭で書いた通り人間の一生は短く、その短い時間の中で仕事で負の感情に蝕まれることは実にくだらないし勿体無い。しかし働かなければ生活や趣味に使える資金がなくなるのだからそこは仕方ないとして、ただ今は働き方の考え方が昔とは違うし、そこに対しては私の所属する会社は理解し改善することを急務としているから退職しないで済んでいる。だがモチベーションは資金獲得のためだけなのだから仕事は辛いしかない。プラスでうまくいかないことがあるとやっぱり泣きたくなるし、性格悪い自分がつい表に出てしまうこともある。そんな時、マコさんの写真を眺めると自然に顔が綻ぶ自分に気づいた。心が穏やかになる自分に気づいた。推しの力ってすごいんだな。

マコさんの写真を撮って、バスケをしているマコさんの髪の毛がふわってなっている瞬間が好きだ。やっぱり私は短髪より今の長さが好きだ。今のマコさんだから好きになった。人と人との出会いは奇跡だと思う。バスケを知ってるものなら知らない人はいない比江島慎選手を、学生の頃からよっぽど有名だったらしいけど、まるで知らなかった。最初は半ば強引に見せられた動画が始まり。ていうか、違った。マコさんがブレックスに来たことから始まる私の片思い物語。初めて見せられた動画の頃から比べると本当に魅力的になった。この2−3年の間で洪水のように攻めてくるマコさんの色気。追いかけるほど好きになったのはオンラインサロンの影響も大きい。私はわかっている。これは縁。もう私の人生に比江島慎を好きになる運命みたいなものが組み入れられていたのではないかと。あの出来事もその出来事ももう経験する出来事と決められていたのに違いない。

「縁がある」

 私が好きになるタイプに一貫性はない。一個あげるならば「匂い」。まあ一種のフェロモンみたいなもの。と「色気」。見た目がカッコよくても色気がない人に魅力は感じない。きっと私がマコさんを好きなうちはマコさんが色気を降り撒いている時。私がマコさんを追いかけなくなった時はマコさんの色気が欠けてきた時。もしくは色気を感じられないくらい遠くに行ってしまった時。今は考えたくもないが、いつか来るのだろう。でもその時は他の誰かに恋をしているかもしれない。

今は全力でマコさんが好きだ。大好き。ほんのちょっとのタイミングであなたは私の心を鷲掴みにした。私にとって2度目の恋の相手はマコさん。きっと最後の恋。あなたは私にちょっぴり切なくて最高に楽しい感情をくれた。

「ありがとう」

感謝で尽きることのない。ありがとう。

瞳で感じて

ただのイメージ画像です。さて誰の目でしょうか?笑

 長男の大学入試試験が始まり、いよいよこの先が見えてきた今日この頃です。長男の第2希望が(第一希望は長男にしてみたらだいぶ難関で私立。共通テストで願書を出そうと考えている最中。)長女と同じ国立大学、同じ学部学科、つまり、私の卒業した大学な訳でして、先日弘前市に行ってきたばかりです。

弘前市は私の若かりし思い出の場所。今でもあの時のことが思い出されます。思い出したいわけではないんですけどね。めちゃめちゃ好きな人に出会う高2以前の恋とも言えない思い出。今回はこの思い出に付き合ってください。

 私は当時、小さい町に住んでいて、中浪時代からJRで弘前市に通っていました。同じ中学の友達たちは制服。私は浪人生なので私服。それでも楽しかった電車通学でした。その電車は青森市から弘前市を通る奥羽本線で青森県では主要な路線です。通勤通学の人がたくさん利用する路線でした。当時、この電車で青森市から弘前市の男子校に通う男子生徒の集団がありまして(5−6人)、とてもカッコよく、この電車を利用するいろいろな女子生徒の憧れの集団でした。私の友達もそのうちの何人か。最初は友だちの話に仕方なく付き合う感じでしたが、そのうち私にもいいなって思う相手ができてしまったのです。この中でそれぞれ、アイドルグループみたいに、誰派、誰派、誰派なんて言いながらギャーギャーしてた訳ですね。まあ良くあるやつです。私はその集団でも2年生のD君が好きでした。メインは3年の2人。この2人に集まってきてたイケメン集団で学年が結構違っていたんです。このD君、1学年下なのですが3年のメイン2人と同等に扱われていて、そして一種独特なオーラを纏っていて、いわゆるメインの3年2人のモテ方と違っていました。人気があったのはメイン2人。D君はそれほどモテていたかというとそうでもなかったですかね。男子には人気があったようで、むしろ3年にも1年にも慕われていたようでした。

騒いでるうちに、彼らもだんだん気づいてきます。思えば、今思うとラッキーだったのかも。みんなの憧れの集団が私や友達に気付き始めてくれました。騒いでる女子全員が気づいてもらえてるわけじゃない中で。当時は考えてなかったな。挨拶してもらえるようになって、公然の追っかけになれたことが嬉しくて思いも及ばなかったけど。思い起こすと、私は私服だったからなのかも。高校生に混じって私服の女子がいたから目立っていたのかもしれないな。表立って追っかけてたのは友達の方。3年の一郎君の追っかけでした。この一郎君が一番人気の彼。私はそのころは友達に付き合ってます的な態度をとっていたはずです。ですがD君を自分でも気づかないうちに目で追っていたのでしょうね。D君が視線を飛ばしてくれるようになりました。堂々とD君ファンだと公言していたわけではないので、その当時は心の中でこっそり目があったこと、こっちを見てくれていた事にドキドキしながら電車に乗るのを楽しみにしていました。

 そのうち、2人で目で会話するようになりました。

(あいつらも一郎の追っかけだな)

 のような空気であったので、私も、合わせてキャーキャー言ってましたが、D君のファンで、またD君も私が自分のファンなんだとわかっていました。

 D君は私より先に電車を降りるので、(じゃあ、また明日)(うん、明日ね)

 彼は応援団だったので、高校総体の時とかも(がんばってね)(👍)

 とか、あくまで想像だけど笑。わたしたちにしかわからない、友達たちにも話していない秘密の目でする会話。こういう秘密ってちょっと嬉しいですよね。当時彼は程よく遊び人で特定の彼女を作らない主義だったらしいです。彼女いなくてよかったw。

 私が高校生になる頃、一郎君は卒業して友達が追っかけをやめて自分の高校に彼氏ができた頃、D君は高校3年生。そうなってきた時に改めて私とD君は自然に挨拶し、電話番号を交換して直接話せるようになりました。相変わらず、ただの挨拶するだけの中。予定がない時に電話をくれて話してくれるだけだったし、私もあえて告白もしなかったし、そもそも憧れだけど好きかどうかもわからない状態だったし。こっちから電話してもどこにいるかわからずじまい。「いつも友達とどっか行ってていつ帰ってくるかわからないよ」ってお母さん言ってたっけ。(あの頃、携帯電話は高校生が持てるものではなかったやつです。よくコントでやるようなでっかいやつ)

彼は中浪経験者でした。なので、私のことはよく見ていたようです。当時3年のメイン2人と同等な感じがしたわけは彼が一郎君たちと歳が一緒だから。

 D君が就職決まった秋、彼は東京に行くと教えてくれました。その後、卒業間近になって一度だけ彼の部屋に遊びに行きました。特に何がってわけじゃないけれど、今思うととても甘美だけど穏やかな空間だったと思います。

 卒業式の日、彼は私に第1ボタンと(彼の制服はブレザー)、そしてネクタイを首に巻いてくれました。

「大事にしろよ。タバコの焦げ跡あるけど」

東京に旅立つ日、アパートの住所と電話番号もらって遊びにこいよって言ってくれて嬉しかったな。社交辞令とわかっているのであれから連絡は取ってないけど。だからこそよかった。それでも十分な私の思い出。出会った頃、結論、後になって直接会話はするようにはなるんだけど、その時自然に会話ができたのは、あの頃、目と目で会話してたから。もう私の気持ちがバレていたから。目で感じて、2人にしかわからない会話って意外にエロティックだなって思います。

実は見た目、マコさんに似てるの。目が一重で、頬骨が高くて、色白で。髪の毛が柔らかく風になびく感じ。私、マコさん、見た目タイプじゃないけど、そう思っていたけど本当はタイプなのかもしれない笑笑。

愛する、生きる

菌類の種類はわからない

 もう何人同級生が亡くなったろう。

どんなに小さきものでも、見た目がどんなものであっても、たとえ目に見えないものでも、この地球上には生きとし生けるもので溢れている。

昨日は宇都宮にある八幡山タワーから宇都宮市内を一望してきたし、今日は福島のアクアマリンふくしまに行ってきた。長男と前日の夜に急に決めたのだったが、うちは動物園や水族館が大好き、家族全員。そして、子供が小さい頃から、車で600kmロングドライブで私の実家に帰省していたから、子供達もドライブは慣れたものだ。今回の目的地までは立ったの141kmだった。

 私は学生の時は世界史と生物が大好きだった。宇都宮の町を一望してる時、古代ロマンを感じずにはいられなかった。(最近、キングダム2を見たことも関係あるかも。大げさ)。思えば、人間にまで進化してから随分と長い時間はかかったがこれだけの文明をよく築き上げたなあと思ったり。また古代の学問、科学や哲学、インドの数学など信じられない。教えてもらってもわからないし、今の時代を生きていても。医学も発展し長生きになった。死なないほうがいいんだが、さて生物学的にはどうかな。

カブトガニ(生きた化石)

よく、生まれてきたことには意味があるとかいうけど、ないよ。生まれてきただけだ。生きていくのに理由づけなんか要らなくて、生まれてきたんだから悔いなく生きるだけ。ただの生命体の一つ。だからこそ強い。今生きていられる私たちは強い。生命は淘汰される。弱いと死ぬ、滅ぶ。その地域独自の進化をそれぞれ遂げた生物達も、人間の文明の発展と共にあちこちに侵入し、生態系が壊れることによって滅ぶ種も出てきたりしているが(外来種問題)、ただの一つの種である人間の手のよってもたらされた文明が原因なら、やはり変わる環境に対応できないのであれば自然淘汰の一つなんじゃないかと最近は思っている。ウイルスについては生物か否かはっきりしないのだが、最近のコロナウイルスなんかは変異株が次々出てきて人間様を困らせているね。

 この地球上にはあちこちで生命が生まれ出でて、いわゆる下等生物と言われるものであっても、意志がなくても、そこらじゅうに愛が転がっている。感情的なものは生物学的にはどういう意味があるのかは知らないけど、人間の次に高等な哺乳類のペットは学習能力で飼い主に懐いてるわけじゃないと思うし、たとえもっと下等な両生類のカエルだって懐くという。もしかして、それぞれ進化しているのかもしれないよね。脊椎が、よりもっと笑。単純に恋愛だけじゃなく、上手く言えないんだけど、その辺のただの草木や飛んでいるトンボを見ていたら思ったんだよね。愛に溢れた世界なんじゃないかって。

 4年前に中学の同級生が死んだ。スキルス性の胃癌で死んだ。とてもカッコよく寡黙な人。彼は24歳の時に44歳の2人の子を抱える女性と結婚した。当時確か小学生と中学生の子たち。しかし、半年足らずで奥さんは亡くなって、彼が2人の父親として子供を引き取って育てた。奥さんは乳がんだった。普通に恋愛して、愛する人の癌がわかって、愛おしい子のことを考え、きっと愛する人と最後まで一緒にいたいと思って結婚した。そして自身も44歳の時胃癌で亡くなった。

死んだのに、何言ってんのって言われそうだけど、とてもロマンティックでドラマチックだよ。やつは最後までかっこいい人生だった。全部愛のために。彼の親御さんは悲しみに暮れながらも、自分の息子を誇っていて、悔いのない人生だったろうと言っていたらしい。そこまで好きになれる人と出会い、少しの間でも一緒にいれたのだから、と。(私の親に聞いた話。親同士も同級生)

 現実はドラマよりドラマチック。人間だけじゃなく、進化する生物全部にドラマチックなことが起こっていて、世界は目まぐるしく変化し続けている。

 わたしたちにもこれから起こる未来はわからない。生命ある限り、喜びも悲しみも痛みも全部自分のものにして、また明日。

 

To love people Ⅱ 

② When I didn’t know

 I have 5 groups 1st year. (15R).
The classroom is still very busy with the aim of Kanao, who I admired. 
But he doesn’t talk much to girls. 
He was only with boys and had never seen him talk to girls. 
It’s quite popular among boys, and it seems to be a quiet person in class, but it seems to be quite interesting when there are no girls.

 He is a soccer club.
I was at a loss for club activities. 
Originally it was a brass band club, but in addition to being in the same grade as the junior, the junior part leader, the brass band club, was called out when he was thinking of giving up and looking for something.
 To the manager of the Japanese-style baseball club.
The club room of the soft field (Japanese-style baseball club) is next to the soccer club. 
As you may remember from the high school club rooms, there were various club rooms for club activities outside, like a Nagaya, beside the ground. 
When I went there for the first time, I found only him while various members of various club activities were crowded together. 
He wanted to see Kanao wearing a club jersey, but he met a guy he didn’t want to see. 
He was also a soccer club.

 That guy is Takumi. 
Playing with a soccer ball, he was so brilliant that I felt that the colors around him were different against the backdrop of the setting sun.
 The day I could feel him for a moment.

 A few days after I started watching only the soccer club, my classmates consulted me when I started to get along with everyone after the first event in the class, the excursion.

Mika “He goes out to play with other girls. He’s a friend, but I don’t think he likes me. There are too many female friends.”
Ai “I’m Mika’s boyfriend now. You should just say,’Don’t play with other kids.'”
Rio (I) “Is Mika’s boyfriend so popular?”
Ai “It’s 18R of Takumi-kun. When I was in junior high school, I was finally able to get along with Mika recently. But when I entered high school, Takumi-kun was the 10th girlfriend in Mika.”
Mika “… I don’t think you like me. I feel like I’m going out with a child I’ve become friends with, so Takumi-kun. I may be shaken soon.”
Rio “Don’t shake me from here, that guy”
 
 After all ,he is the worst.
10 people in less than 2 months after enrolling???????




 After getting angry at Takumi, I started to look straight at Kanao. 
Well, the class is the same, and I don’t talk to the girls stubbornly, so I don’t think I can get along well, but should I just look at them? 
Of course, I’m not a romantic person. 
I never really thought about wanting a boyfriend. 
The children around me were shaken, taken, and what to do with pregnant students at the staff meeting. 
.. 
.. 
The top preparatory schools in the prefecture are mainly academics, and it is natural that you can spend your daily life and behavior in accordance with ethical morals. 
So there are no school rules. 
There was a uniform, but there was no obligation to wear it.
freedom.
Love too. 
Do you suddenly become such an adult when you become a high school student? 
.. 
..
“Do you know what kind of relationship you have with me?”

The line when girls from the same junior high school were fighting at the landing of the stairs on the day they entered high school. 
It is normal to aim at the University of Tokyo and Kyoto University. 
At this high school, Tohoku University class is the first choice even in the lowest class, and at a high school with a deviation value of 70, she who spit out this line is a female doctor in Tokyo. 
It may be a very unique environment when I think about it now.
Is it love to keep up with your studies? 
Circumstances of men and women? 
Despite being swayed by (I’m grateful that even high school students have been able to handle love tactics for the past three years without losing), it’s still like a different world to me. 
Like other children, it would be nice to have a boyfriend who can have a normal high school relationship.
 
It’s been three months since I spent a fluffy high school life with myself left somewhere. 
At the high school school festival, I was happy just to be able to make a class offering together, though it was silent, along with her longing Kanao. 
After the school festival, it was a time when everyone was looking back at the photos and getting excited.

“Hey, you. Rio. This is a help to put it together.”


 He called out for the first time. 
He remembered my name above all else.

To love people 

Mt. Iwaki seen from Hirosaki University

① meet

   It seems trivial, but on the day of the high school entrance ceremony

 Spring back.

 I don’t think the snow was flickering until yesterday …

 

I failed the high school entrance exam and became a junior high school ronin.

The year is different from everyone around me. One above. My classmates are in second grade and when I find me at the entrance ceremony, I see me in a brand new and unfamiliar uniform

“Rio, the uniform looks great”

Said with a senior wig.

I wasn’t worried at all because my two male friends who spent the junior high school ronin together were also enrolled in the same high school …

Looking around, the first graders didn’t look good in brand new uniforms as well, and looked very childish.

 I knew it from the beginning.

When I was supposed to be a junior high school ronin, when I entered high school, I was one year older than the people around me. Originally, I understood that my mental age was older than that of the same grade, and even when I was in junior high school, my friends told me that I didn’t always know where my true intentions were. I was thinking of giving up when the people around me were younger. Even so, even if I act, I have to pretend to be stupid and adjust to this grade.

 Make an effort to change yourself, even if you hide your true intentions.

Just before the ceremony started, there was a girl who spoke to me.

“Is this 5 groups a year?”

Then, looking at my face and talking to me, I stumbled on a pipe chair and fell.

Actually, this is my second time to meet her. On the day of the announcement of the results, I happened to go to see it a little later.

He was the one who was pleased to pass with someone he didn’t know at all.

“Are you okay? Oh, there was a day when the results were announced.”

I thought I wasn’t worried, but I laughed seriously at this time. Still, she must have been nervous. She laughed from the bottom of her heart. Why are you stumbling on a chair? ?? ?? And, depending on the situation, the person who shared the joy together at the time of the announcement of the result. It was in the same class.

I have a feeling that something is likely to happen in my high school life.

 When the ceremony was over and we headed to a new classroom, we talked about our favorite cartoon characters. When I entered the classroom, there was a beautiful boy who thought it was a live-action version of the character. This guy is from the soccer club. Apparently the same Ronin group as me. He seemed to have a fan club when he was in junior high school, and girls of the upper grades gathered, which was so popular that it was difficult to enter the classroom.

 The entrance ceremony was more exciting than I expected.

I promised to go home with two male friends who were ronin together, so I went to the entrance where I was meeting.

The entrance is noisy one year after the entrance ceremony, and even if it isn’t, it’s annoying.There was something that was exciting and throbbing, like a deflated balloon, in a withered heart.

He stands beside a noisy group. He has brown hair and he knows he stands out, but he’s waiting somewhere, giving off a unique aura.

I hate that guy. I’m not good at face. Above all, he is the type who is confident in himself.

I do not like it.

The moment I had my eyes, but I remember keeping an eye on each other.I’m sure it’s a tremendous moment.

But like slow motion, I still remember that moment.