関わってくれたみんなに捧ぐ

 

 先日、私は18年(継続してではないが)勤めた会社を4月いっぱいで退職した。私の年齢はまあまあ再就職には厳しい年齢。おまけに取り立ててこれといったスキルもない。みんなに退職することは相談してなく、急に退職したような形になってしまった。びっくりさせてすまない。

 もともとキャリアに悩んでいた。この会社でやりたいことは私の中ではもうなかった。探せばきっと見つかったに違いないし、3年前から上司に相談を繰り返していたが、ずっと答えが見つからないまま、モチベーションも上がらないまま毎日の惰性で業務をこなす日々だった。

 1年前15年かよっていた店舗から異動することになった。この時長男は高校3年生。大学受験に向かう年だった。もともと上司にはこの1年間だけは異動は避けたいと相談していた。大学受験は息子の将来を決定づける重要なこと。親として大したことはあまりしてこれなかったダメな親だったけれども、それでも高校3年生という年には関われるだけ関わりたいと思っていた。この青年に向かう年齢はとても重要だと思っている。しかしいろいろまああるものだな、うまくいかない。異動せざるを得ない事柄が起こってしまうものだ。春に異動が決まってしまった。

 中途半端な気持ちのまま異動してしまい迷惑をかけてしまった。この点については大変申し訳なく思う。経営規模が3倍の大きい店舗への異動。役割も変わる、運営の仕方も変わる。今まで1人でやってきた業務はより精度を上げて、しかし携わることは3分に1に満たないほど減ってしまった。仕方ないのはわかっている。しかし、私はこの店舗に来て何をやっているんだろう、私なんか必要ないではないかと思う日々だった。迷い迷って、必要ない私がどうこの店舗にフィットさせていけばいいかもわからず、悩みに悩んでるうちに体調を崩してしまった。何度も上司に相談した。出てくる答えは同じ。でも当たり前だ。私だって相談されたら同じことしか答えられない。だって結局は自分で探して見つけて選択して前に進んでいくしかないのだから。

 悩んでいてもやりたいことはあった。この店舗でやれていないこと、またスタッフが気づいていないことを気づかせることが私の役割だ。ただ孤独だった。当たり前に思っていたことが当たり前でないと、時代錯誤であると伝えることの難しさ。しかもこれを伝えられるのはこの店舗では私だけであるし。反発を喰らう。気にしないでやってきたが、気にしないふりは逃げだった。この店舗がこんな感じならばいいじゃないかと諦めてしまった。逃げながらじゃないと毎日仕事に行けなかった。自分の考えてることや、伝えなければならないと思ってることが正しいかどうか、またちょっとでも伝わっているかどうかわからずに苦しかった。

 この春、長男は無事に大学生になった。現実的な第一志望には合格できた。私はといえばこのまま慣れてきたこの店舗で惰性であっても続けて働ければいいのかなって思っていた。のだが、、、

 子供達が2人とも家を離れ、夫婦だけの生活になった。私はもっと自分自身のことを考えるようになった。この惰性でのみ続く毎日でいいのか?子供達は親元を離れて、それでも、自分たちでいろいろ考え、選択し前へ進めるようになっていた。高校生になりたての3年前とは違う。自分の昔を思い出した。受験に失敗しても、その後の人生を考え、どう捉えるか。前へ進むのに楽しみしかなかったはずだ。挫折も苦しみもあったけれどそれでも楽しいと思える人生だった。今の私はどうだろう。何かに向かって楽しめているか。前へ進むことに臆病になっている。私の本意ではないはずだ。だからこそ、ただただ悩みずっと動けず、進むことができなかった。

 写真は4年前、昇格した時に上司からいただいた本。(内容は省略。ぜひ読んで)

私はこの本に出てくるネズミと同じ。ここにいればいつかきっとまたチーズが現れると思っている。待っても待ってもネズミの幸せの象徴のチーズはもう出てこないのに。

情けない。子供になんて言ってきたのか。親である私に説得力がないではないか。たとえ困難でも、納得できるように進んでみようと決断した。このまま立ち止まっていてもチーズは降ってこない。前へ進んでみよう。そして求めるものがすでにチーズではなくなっているのかもしれない。出れるかどうかもわからない迷路の外へ。そこにはチーズではなく果実が待っているかもしれない。進んでみなければ発見もないのだから。

働き方面談から一ヶ月もなく上司に退職することを告げた。

 退職し、スタッフのみんなからもらえた言葉は、私がこの店舗で伝えたいと思っていた、考えを改めたいと思って頑張っていたことに対する感謝の言葉であった。なんだ、ちゃんとみんなはわかってくれてた。帰宅しみんなの感謝の言葉を読み返しながら涙が溢れ出た。1年間頑張ってきて良かった。まだまだ本当は伝えたいことがあったし、やりきれていないが、伝わっているのであればあとはみんなが自分たちの形にして進んでいくだけだ。悩むことがあるかもしれないし、そうそう思い通りにことは運ばない。どの道を進んでも、それが正しいかどうかはわかるはずもない。

 私も前に進むよ。もともと目標がないと、立ちはだかる何かがないと進めないタチだった。人生には幾度となく苦しみが大なり小なりあるけれども、同じ分だけ喜びも楽しさもある。だから人間ってやめられないな。本当に苦しい時は逃げよう。ただ前へ進みながら逃げよう。時には振り返ってもいいが、新しい何かを探す術として振り返ろう。時代は変わる。社会が変わる。考え方も変わる。もうここにはチーズがないように。自分自身も柔軟に変化していこう。10年前に決断したことも、今、そしてこの後の10年で意味のないものに変わってるかもしれないし、もっとより重要なものに変わってることもあるかもしれない。個性を忘れず、視野を広くもって、時代の先を見る。。。

 そして長生きしよう。変化していく世の中を少しでも多く触れるために。

Bリーグ2022-23シーズンとわたし

 宇都宮ブレックスは今シーズンはCS進出を逃したので、2023.5.7をもってRSは閉幕した。しかしなんというか、前回でも触れたっけ?劇的な終わり方というか、、、最後にはもってこいの終わり方。演出が上手だねぇ。なんともドラマティックな終わり方。csに行けなくてもブレックスファンはすががしい気持ちでシーズンを終わらせることができたに違いない。

 今シーズンはわたしにとっては幸せなことばかりだった。仕事の点では悩むことも多かったし、うまくいかないこともあったが、思えば今後の人生をわたしがどう過ごすかじっくり考えるための時間で、決断までできたのだからやっぱりこの1年間はとても有意義だったと言えるだろう。

 今シーズンはブレックスが絡まない試合、シーホース三河の試合にも行った。前から興味があった角野亮伍選手を見るためだ。スカイホールで三河対宇都宮を見に行った時、もっと彼の試合を見たいと思った。遠征になるし費用が嵩むからわたしにとっては思い切った決断。でもかっこ良かったよ。なんだか彼はいい時と悪い時がはっきりしているような気もするし、思うように動けていない自分に悩んでいるようにも見えたが、彼を信じて来シーズンも追いかけたいと思っている。更なる成長を期待しよう。

 しつこいくらい何回も同じこと書いててごめん。このブログのテーマは奇蹟の出会い。人生ってドラマ以上にドラマティック。幾つのも奇跡から作られている。ありえないだろって思う出来事がいくつも起こって、それがわたしの生き方を、人生を形作っている。今シーズンもそういう出来事がたくさんあって思えば贅沢なシーズンだった。

 3月はEASLもあったね。アジアの競合チームとの試合を宇都宮で見れるのは楽しかった。

 どの写真を載っけていいかわからないくらいだけど、楽しかったのが伝わればいいかな。今シーズンはアウェーの地でしか会えない友達ともお酒を飲めたし、ブレックスアリーナでできた友達やオンラインサロンに入ったからこそそできた友達もたくさんいて、本当に幸せを感じることができたシーズンだった。

 一分一秒違ったら出会えなかった出来事がいっぱい。あの時迷った選択も後悔した選択も、今思えばこの瞬間に出会うためだったと思える。そのくらい幸せなシーズンだった。多分1年前も同じこと書いてたような気がする笑

 感謝でいっぱい。ありがとうみんな。

 来シーズンもよろしくお願いいたします。

最終節は最高の盛り上がり(2023.5.6/7 vs jets)

  今シーズンラストゲームは日環アリーナで開催された千葉ジェッツ2戦。今シーズン一勝もできてない相手。その上、千葉は今シーズンは最高勝率を叩き出してる相手。一方、宇都宮はなかなかチームがフィットしないまま終盤を迎え、ようやく噛み合ってきたかなと思われる状態で千葉を迎え入れる形でのラストゲームになった。わたしは、ともかくも選手たちが納得いく形でシーズン終わってくれることが望みだったし、どんな形で終わっても最後まで見届けたく思い、日環アリーナへ向かった。

5/6 game1 brex 89-92 jets

拮抗した試合。もう一歩届かなかったが、シーズン前半の頃と比べて選手の動きが格段と良くなった。もうちょっとだ。明日でシーズン終わるのが勿体無いと感じるほど。

5/7 game2 brex 82-80 jets

途中のゲーム展開はあえて書かないが、最後の最後、同点で迎えた残り10秒のオフェンス。マコさんでくることはわかっていたが、どういう展開にするのか、ファンもみんな固唾を飲んで見守っていた。

「どんな形でも決めれる自信はあった」

さすがの大エース、比江島慎選手はブザービーターの演出。この持って行き方、相手の選手も納得のいくプレーだった。冨樫選手が比江島選手の頭をわしゃわしゃした時の笑顔がまたたまらない。あの歓喜の中にいれたことを神に感謝したほど。

 最高の試合で最終節を終え、今シーズンの終わりをまた寂しく思い、複雑だが、来シーズンもまた成長するのだろうと楽しみも増えた。

 ありがとうみんな。ありがとうブレアリ(最後は日環だったけど)。

今シーズン終わり間近でついに🐨(2023.4.29/30 vs Lakes)

滋賀戦はもともと計画していて楽しみにしていた遠征。ただ計画時は両日にするか、日曜日のみにするか迷っていたのだが。。。迷った挙句、ほとんど会えない友に会えるんだしこの機会を逃す手はないと思ったので、結果2戦とも観戦することに決めたのだった。ついでの理由も述べると今シーズンになって実施できてない「ある事」もあって、それにはこのなかなか会えない友が必要だったから、というのもある。そしてこのなかなか会えない友は2人いる。1人はテーブス海選手が推しの友達。もう1人は大阪在住のわたしのお仲間さんの1人。1シーズン1回会えるかどうかのお二人。無理してでも行って良かった。

4.29 game1

Game1の方はお仲間さんと並べなかったのでおとなしく観戦。久しぶりに海くんのバスケ見れて嬉しかったな。やっぱり相当の負けん気。勝ちへの執念が溢れてた。そして、1年見ない間に大人っぽくなった。自分が勝利に導くんだという姿勢が彼を1年前より大きく成長させたに違いないと感じたよ。

試合後、マコドラのお友達5人でお食事。住んでるところがバラバラのみんなとこうやって楽しく過ごせるなんて幸せでしかないよね。

4/30 game 2

Game 2はお仲間さんと並べて観戦。そして、、、今シーズンやっと🐨ず発動できました。ぱちぱち。まあ自己満足の世界なんであんまりだからなんだという話。でも私たちお仲間さんには大事なこと。1人かけてたのが残念だったな。。。2試合とも快勝できたこともあって、そのおかげでアウェーでは珍しくマコさんからお手振りもらうこともできたし、いいことしかなかった遠征だった。

このあと変なツケが回ってこなければいいなぁ。

あなたの大切な日に(2023.4.21/22 秋田2戦)

 ブレックスの試合は毎回見に行きたいけど、アウェーは予算が限られているのでスケジュールを立てて年間で考えなければならない。この秋田戦はなぜだか金曜日土曜日開催。もともとは金曜日も土曜日も仕事なので、日曜日だけ試合に行けるのだが、ブレックスは日曜日はなし。シーホースが今回は5年ぶりの岡崎開催ということもあって、こちらの方でスケジューリングしていたのだが。

 わたしが今回、プライベートな話だが、長く勤めた会社を退職しようと決めた事もきっかけに、やっぱり大事な大事な4/21はマコさんの試合を見なくてはならない気がしてお休みを申請。もともと公休日が木曜日なこともあって3連休で秋田に行ってきたのだった。

2023.4.21

宇都宮 86−72 秋田

勝てて良かった。FT外した時、わぁっていったんだよね。可愛かった。自分で笑っててさ。まあ勝って良かったよね。

2023.4.22

宇都宮 85ー80 秋田 

キャプテンが出た時の会場全体のどよめきが忘れられない。やっぱり、田臥勇太なんだよね。もっとキャップのバスケが見たい。そしてこの日の試合、最大18点ビハインドの状態から逆転して勝てた試合。大いに盛り上がったよ。またいいところでマコさん決めるんだもんなぁ。本当役者だわ。ていうか、ここぞと言う時の集中力が半端ないのかも。

本当いい2試合見に行けたと思うよ。無理してでも秋田まで行って良かった。

勝ったのは嬉しいんだけど(2023.4.19 vs 北海道)

 今シーズンラストブレアリは北海道戦。勝てたの嬉しいんだけど、みんな満身創痍で見てられなかった。わたしはコートエンドの1列目ベンチ寄りの席が取れたので選手たちの疲労が近くで見れてしまった、、、しんどい。

 いつもより足が動いていた気がする。中に入って行こうっていうのが感じられた(素人目線です)。途中、雲行きが怪しい時間帯もあったんだけど、、、笑笑。

 この日は気温も高いせいもあったよね。肩で呼吸してたのが見ていて辛かったな。

がんばれ。このチームでいられるのももうわずかだ。私たちも最後まで全力応援。

「推し」の影響力

 声出し応援が解禁になって、ブレックスの多方面でも新たな動きが出て(新B1のことの背景もあると思うが)ざわついていた週末でした。良くも悪くも卒業入学シーズンで、街並みはソワソワワクワクで溢れています。さよならもこんにちはもある、まさに別れと出会の春です。

 私の日常も、長男も大学の入学で栃木県を離れることとなり、先週は引っ越しのため忙しい一週間を過ごしていました。でも、まあ3/26はなんかアリーナいかなきゃいけない気がしたんですよね。いろんな意味で。本気じゃないのか、本気なのか、もうアリーナ行きたくないって意見をSNSで見かけたりして、、、。私は自分の身、自ら宣言してアリーナ行こうと思いました。応援すべきは選手でありチームだと身をもって表したかったからです。(一連の問題に関しては言いませんし、これ以上は触れません)。それにプライベートなことですけど、メンタルが最近あっちこっちで落ち着かない状態が続いてまして、その時力をくれたのがアリーナで会えるみんな。アリーナで応援するのも、ブレ友さんに会えるのも楽しくってもう私の帰る場所。というわけでちょっと無理したけど強行突破で行ったわけです。

 三遠戦は土曜日は入りすぎるくらい外が入ってました。こういう時の次の日ってシュート入らなかったりするからちょっと怖かったんですよねーー。

 出だしから良くなかった。昨日と比べても動きがなかったように思えました。中にも入って行けず、外から打っても外れる、、、の繰り返し。いいシーンもあってもいまいち流れを呼び込めない感じに見えました。

 攻められなかったのが敗因ですかね。56−59で敗戦。56点しか取れてない。マコさんは同点のかかったFTを一本外したことがショックが大きかったのかなぁ、、。この日はお手振りなし。それどころか顔を逆サイに向ける始末。相当悔しかったと思うんだが。でもさぁ、わたしは全部応援してるんですよね。いい時も悪い時も。悔しい顔もうれしい顔も全部見たい。まあ、向こうは見せたくないんだと思うけど笑笑。わたしの「推し」だもの。だからこそ、この日はわたしも落ち込んでしまって、メンタルやば目でした。写真整理しながら頑張ってるマコさん見返して、「お手振りなーい」って落ち込んでた自分に反省して、、、。オンラインサロンでお顔見れて声聞けてホッとして安心して。わたしの顔も綻んで。。。バカみたいでしょ。本当に、「推し」の影響力って怖い。マコさん1人のおかげでわたしの心もあっち行ったりこっち行ったり。おかげで休まることがないw。

 でもこれが楽しいのかな。わたしは振り回されるのが大好き(プライベートでもです)。疲れるんですけど、生きてるって感じします。さて、この「推し」活、いつまで飽きずに続きますかね。飽きっぽいのも事実です。

 この楽しき日々がずーっと続きますように。

この日は良き日になりました(2023.3.22 vs 秋田)

 3月22日はなべさんの誕生日。もともと長男の引っ越しで弘前市にきてましたので、車で日帰りで秋田戦見に行っちゃおうと。スケジューリングが決まらなかったのでチケット取るのが遅くなっちゃいましたが。でもその日はなべさんの誕生日だし、なべさんが見てくれなくってもさ、現地でその日は応援したいって思っちゃったんです。

でも、行ってよかった。

1Qの入りから、今日はダメかもしれないと思ってしまうような流れ。11点差ついちゃって、このままずるずるっていう展開にならないといいなと思いつつ。この流れを打開したのは、なべさん、マコさん、アイザックがコートインしてから。いい流れのまま2Qに入り、ハーフ直前のマコさんのブザービーター。笑ってしまった。なんかもってるな、やはりマコさん笑笑

後半4Qの序盤、秋田の追い上げにあいましたが、結果73−63で宇都宮がwin。

なべさん、勝利のプレゼント、最高だね。おめでとう35歳。

頑張った、私の写真(2023.3.15 vs Crane Thunders)

昨日は太田市まで宇都宮ブレックスvs群馬クレインサンダースの観戦に行った。前回、三河vs群馬で同じアリーナに行ってたんだけど、結構いい席で観戦できたので気づかなかったんだよね。一階席っていうから階段みたいになってて、コートサイドよりも段差がしっかりついてると思ってた。だから、チケ販から日にちが経っててほぼチケットが余ってない状況でアリーナ中央で一階席の1列目ってやったーと思ったわけです。

 なんと段差が全くなく、前はT O席。全然見えない。カメラどころかアクリル板もあって、選手の上半身しか見えない状態。それぞれのアリーナによって段の高さも違うのね。調べないとダメだなぁ。チケットも遠征代も安くないからね。

 そんなこんなでロクな写真がない中でも、頑張った写真たちもあるので見てやってください。

そういえば荒谷くん、ヒゲ剃っちゃった。ザンネーン。似合ってたのになぁ。群馬戦、快勝してよかった。宇都宮の選手も群馬の選手も、それぞれのブースターさんも皆様お疲れ様でした。群馬ブースターさんがたくさんいらっしゃる席のところで宇都宮のユニで応援するのは結構しんどかったけど、最後、隣の男性の方が、

「また群馬にいらして下さい」

っていってくださって。前回行った時も、群馬の方とお知り合いになれたし、ありがとう。そういうの嬉しいね。オプアリの柿落としはいけないんだけど、また行きます。

意外に楽しかった(2023.3.1/3 EASL)

えーっと、先日はEASL Champions Weekでして、観戦に行ってきました。最初は特に普通にブレックスの試合が見れればいいなと思って行ったのですけど、Bリーグではない試合も面白い。日本じゃない、アジアの強豪チームとの試合、結構全然違う。取る点数も違うし、日本はディフェンスがいいから勝てるかと思ったんだけど、2戦めは負けちゃいましたね。それも意外。いいディフェンスに勝るくらいのオフェンス力なのかしら。私にはわからないけれども、、、Bリーグだけでなく、こういう大会もチームを強くするのではないですかね。まあBリーグで勝てる強さに繋がるかは別ですけど。

2023.3.1 vs TNTトロパンギガ 99-66 win

2023.3.3 vs Bay Area Dragons 90-96

225cmの方、めちゃデカかったけど、私、意外に写真撮ってませんでしたね。

 2試合めの敗戦は残念でしたが、なかなかに面白かったので、次回も楽しみですね。いつもと違ったバスケが見れるのも、もしかしたらチームにもちょっと違った風が入って、また選手たちも新鮮でよかったかのではないかと思いました。

 こういった機会が日本のバスケ界にも増えたらいいですね。