面白かったあなたへ

昇格時、いただいた本たち

私がかつて大変お世話になった上司の方が退職するそうだ。先日連絡が来た。彼と仕事をしたのはたった1年であったがとても楽しかった思い出ばかり。彼は私より22歳も年下だがとても賢くユーモアがあって、わがままで(本当にわがままなの。人を振り回してばかり)自分の道をどんな困難でも優先して、でも配慮のある人だった。若者っぽく感覚についていけない部分もあったが芯が一本通っている人。随分振り回された気がするけど優しい人だったな。

彼が異動してきて、すぐに昇格試験の話をされた。私は昇格試験なんて受ける気なかったんだが、半ば強引に受けさせられたというか。。。彼は自分の考えを通すタイプだし振り回してわがままなんだがなんというか憎めない。

「次の試験受けてね。もう上司の許可とってあるからね」

「ええ、私まだ社員試験合格したばかりで、まだなんにも成し遂げられてません。」

「この半年でやるから大丈夫。、もう考えてあるから」

「。。。。」

もう後には引けずにやるしかなかったが、なんと彼のいう通りに物事は進んでいき、自分の管轄地域の代表として本部の研修に参加でき、試験に合格し(ペーパーテストと面接)半年で昇格した。

彼はプライベートを大事にするタイプなので、試験の日は「自分も東京で遊ぶー」と言って付いてきたし、タピオカと明治神宮に連れて行ってくれたし、なんともおかしな感じ。私は昭和生まれ。仕事に対する考えは、今ならコンプライアンスに違反するような働き方と働き方に対する考えを、気をつけているもののきっとまだしていて、しかし、世の中は、そうはいってもそんな考えがまだまだ是とされている。いい面も悪い面もあると思うが、彼はあんな感じでも(一見チャラい)賢く、何が大事なのかちゃんとわかっている人。仕事はといえば実際はあまり自分では行わず、通達の読み込みも甘いし、漏れも多い。在庫のスキルも高くなく、代行者任せであったが、本当に大事な部分、長として決断しないといけない部分、ここだけは間違えてはいけない部分をしっかり押さえることができる人であった。だからこそ、半年後、一年後のビジョンが見えており、達成すべきの本筋はブレない仕事の仕方をしていたのだろう、その時はわかってなかったが。

 その時の職場は人間関係が複雑で業務がそっちのおかげで進まず、育成も進まない。彼が異動するとき「本当に大変だったの」と大笑いしていた。が本当に大変だったろう。今でも解決できてないしね。彼はじっと話を聞いてあげていたな、スタッフの。私は仲良くしてもらっていたが、彼は気づいていた。私が割と一般的でない部分を持っているのを。そして彼も自分のマイノリティな部分を、悩み、受け止め生きてきたから、私を心配してくれていた。

「これ、丸で囲って。どのくらいの割合になる?ちょっとした心理テストなんだ。なるほど、そうか僕と一緒だね。やっぱりね。これって日本人の2割しかいないんだって。僕は前の職場にいた時、どうしても自分の考えを理解してもらえず、逃げるようにここに異動してきたけど、その時の上司がこれと同じような心理テストをしてくれた。その時に理解できたんだよ。『ああ、僕はやっぱり人と違うんだな。ならばわかってもらえなくても仕方ないな。でも2割の人と巡り会えた時、大きな仕事ができるかもしれない』って。僕はここで成果を残せたし、大変だったけど楽しかったのは性格は違っても基本の考えが理解できる人と一緒に働けたから。だから、この先、なにかあってもめげないで。巡り合うのは大変かもだけど、絶対2割の人に出会えるからね」

彼と、今後のキャリアについて面談したときにもらった言葉だ。勇気が出る言葉。私よりも22歳も年下だけど笑。彼は1年で本部勤務になり、自分のスキルを伸ばすために、退社し、カナダへ留学する。日本と違い、むしろ個性がないとやっていけない海外へ。語学も堪能だからきっと上手くやれるし、もう日本には帰ってこないかもしれないが。

私には、その時々で、影響力のある人々と出会える運命にある。母親がよく言っていたっけ

「お前のことは心配してないよ。人を見る目があるからね」

今、実感。そこだけには自信あるかもな。

彼は8月には行ってしまう。遊びに行ってこようかな。大阪まで。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中